法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDのハイフラ

LEDのハイフラとは、昨今ブームとなっているウィンカーバルブのLED化において車のオーナーを悩ませているテーマです。その対策としては、ハイフラ防止抵抗を後付けするか、ウィンカーリレーの交換で対処します。

質問:LEDのハイフラとは何ですか?

回答:ウィンカーをLEDに換装した際に発生するハイフラッシャー現象のことです。

近年、車のウィンカー(ターンシグナルランプ)を純正のバルブ(電球)からLEDバルブに交換するライトチューン(改造)が静かなブームになっています。消費電力の大きいバルブからLEDバルブに交換すると、通常の点滅状態と異なったせわしなく点滅する現象が発生します。この状態をハイフラッシャー(略して、ハイフラ)といいます。

ハイフラ防止のための二つの方法

通常のウィンカーバルブは21W程度あり、12Vの電圧であれば1.75Aの電流が流れますが、LEDバルブの場合は0.3W程度なので、電流は0.025Aしか流れません。電流が極端に少なくなるため球切れしたとリレーが判断しハイフラになってしまうわけです。この現象を回避するためには、LEDバルブと並列にメタルグリッド抵抗などのハイフラ防止抵抗を取り付けるか、消費電力に関係なく一定の回数で点滅するICウィンカーリレーに交換するかのどちらかの対策が必要となります。

ハイフラ対策製品のメリット・デメリット

ハイフラ防止抵抗は価格も安く、比較的配線作業も手軽なのがメリットですが、抵抗本体が200℃~300℃程度まで過熱するため安全な取り付け場所を十分に考慮しなければならないほか、ウィンカーがある前後・左右の4カ所に取り付ける手間や、抵抗(熱)によってLED化した消費電力削減効果が帳消しなってしまうデメリットがあります。

その点、ICウィンカーリレーは発熱の心配もなく安全で、消費電力も少ないのが利点ですが、価格が高価で、メーカーや車両の年式によっては取り付けられないケースがあり、配線作業に知識が必要な上に手間がかかるのが難点です。事前にリレーの端子数などが自分の愛車に対応しているか調べることが肝心です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LED ワンポイント用語 関連情報

「LED無料貸し出しサービス」で気になることをスッキリ解決

気軽に実物を確認できる、LED照明「お手軽デモキット」をご用意しています。コンセントにつなげるだけで、照明の明るさや光りの色、広がりなどをご確認いただけます。40形蛍光灯タイプ・ダウンライトタイプ・水銀灯タイプの3種類からお選びいただけます。返却も返送用伝票が同梱されているので簡単です。

LED照明 無料貸し出しサービス

あわせて読みたい! ワンポイント用語

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介