法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・LED照明は暗い?

LED照明は白色LED光源の開発によって従来の電球や蛍光灯に匹敵するか、それ以上の明るさを実現しています。しかし、発売当初は各メーカーの測定方法が異なっていたことから、電球と比べるとLEDの方が暗いという誤解を生むこともありました。

質問:LED電球・LED照明は暗いのでしょうか?

回答:LED電球・LED照明は従来の白熱電球や蛍光管と同等の明るさを実現しています。

LED照明は、第1世代のロウソク、第2世代の電球、第3世代の蛍光灯に次ぐ、第4世代の明かりといわれ、近年では白色LED光源が開発されたことから電球や蛍光灯に匹敵するか、それ以上の明るさを実現しています。また、LED照明は適切な放熱対策や通常の使用方法なら数万時間もの寿命を持つといわれ、白熱電球の数十倍、蛍光ランプの数倍の寿命があります。

LED照明の形状や構成部材などをよく見極めて使用することが重要

LED照明は、LED発光素子を並べて組み付けられているため光に指向性があり、LED照明器具の形状や構成部材などをよく見極めて使用することが重要です。例えば、一般の電球や蛍光灯などは360度全方向に光を放射するため、周囲が全体的に明るくなるのに対し、同じ形状のLED蛍光灯では光の素子を片面に並べて組み付けられているためどうしても特定の方向を照らすようになり、取り付け場所や角度によって照明の強さ(明度)が若干異なる場合があります。

また、LED照明は半導体が直接可視光を発することから白色光に近づけるための蛍光色素を組み合わせており、紫外線を発生する一般の蛍光灯と比べて演色性が低い傾向にあります。照明の色味を重視する環境でLED照明を使う場合には、演色性の高い製品を選ぶ必要があるでしょう。

明るさの表示はワット(W)からルーメン(lm)へ

これまでの一般的な電球の明るさはワット(W)で表示されていたため、LED照明製品の発売当初には「白熱電球○W(ワット)形相当」という表記を行ってきました。しかし、メーカーによって異なる測定方法がされたことから、利用者から同じワット相当の白熱電球と比べるとLEDの方が暗くなる、暗いと感じるという声が多く寄せられることもありました。そのため、社団法人日本電球工業会(JLMA)が中心となって新たに光の量を表すルーメン(lm)という値を明記することになり、このルーメン値が大きいほど明るい製品ということになりました。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LED ワンポイント用語 関連情報

LEDの特性をつかんで上手に導入しよう

LEDの特性を把握することで、使用目的や場所により合うタイプのLED照明を導入できます。多くの企業様にLED照明を導入いただき、ご満足いただいている実績がある大塚商会にまずはご相談ください。

「LED無料貸し出しサービス」で気になることをスッキリ解決

気軽に実物を確認できる、LED照明「お手軽デモキット」をご用意しています。コンセントにつなげるだけで、照明の明るさや光りの色、広がりなどをご確認いただけます。40形蛍光灯タイプ・ダウンライトタイプ・水銀灯タイプの3種類からお選びいただけます。返却も返送用伝票が同梱されているので簡単です。

LED照明 無料貸し出しサービス

あわせて読みたい! ワンポイント用語

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介