Adobe(アドビ)製品のことなら、お気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

Adobe Sign動画 シンプルな署名手順

PCやモバイルデバイスがあれば、いつどこにいても署名ができる「Adobe Sign」のシンプルな署名手順について動画で分かりやすくご紹介します。

シンプルな署名手順について動画で分かりやすくご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:4分49秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

シンプルな署名手順 ~依頼者による送信設定~

「ホーム」画面にて、「署名を依頼」ボタンを押します。

「送信」画面へ移りますので、受信者の箇所にメールアドレスを入力します。電話による2要素認証や、期限の設定などの設定を行うことが可能です。

ドキュメントへの署名フィールド設定画面が表示されますので、署名フィールドを適切な位置に配置します。その他、印鑑や画像フィールドなど、さまざまなフィールドを設定することが可能です。

届いたメールから「確認して署名」のリンクをクリックして、入力フォームを開きます。署名フィールドに署名を行います。

必須項目を入力すると、画面下に「クリックして署名」ボタンが表示されます。ボタンを押すと署名依頼が完了します。

送信者のメールを開くと、署名者と同様にパスワードロックされたPDFファイルが添付されています。

このPDFファイルは、編集をロックされており、画面上部の署名パネルにAdobeが発行したドキュメントの非改ざんを証明するための証明書が付与されています。

ドキュメントの最終ページには「最終監査レポート」がついており、依頼者や署名者の証跡が時刻やIPアドレスとともに記録されています。

電子サインサービスならAdobe Sign(アドビ サイン)

Adobe Signなら、PCやモバイルデバイスがあれば、いつどこにいても署名ができるため、契約・承認作業がわずか数分で完了します。承認完了までの時間をスピーディーにするだけでなく、コスト削減や管理の手間軽減にも役立ちます。

Adobe Sign(アドビ サイン)

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー