法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

暖色系のLED

LEDの光色は、色温度が低ければ赤みがかった暖色系に、色温度が高ければ青みがかった寒色系になります。暖色系のLEDとは、色温度(2700~3500K:ケルビン)が低く赤みがかった光色を発光するLEDのことを指します。

読み方:だんしょくけいのえるいーでぃー
英語正式表記:Warm Color Based LED

暖色系のLEDとは

電球色や温白色などの色温度の低い(2700~3500K:ケルビン)赤みがかった光色を発光するLEDです。LEDには、このほかに、色温度がおよそ4000Kの「白色」、色温度がおよそ5000Kの「昼白色」、さらに、寒色系に分類される色温度およそ6500Kの「昼光色」などの光色があります。

LEDの光色は、色温度が低ければ赤みがかった暖色系に、色温度が高ければ青みがかった寒色系になります。最近のLED照明では、暖色系から寒色系まで光色を変更・調整できる調色機能を備えた製品も提供されています。なお、光色と色温度の関係は、LEDだけでなく、白熱電球や蛍光灯にも同様に適用することができます。

光色は、電球色や昼白色などのように、人間の主観的な尺度だけで表現することもできますが、人間は、ある光色で照明された場所に居続けると、色順応という錯覚を起こし、次第にすべてが白い色に見えるようになってきます。そのため、主観的な尺度だけでは、正確な光色を表すことはできません。そこで、光色を客観的かつ正確に表すために登場したのが、色温度という尺度です。

色温度は、物理的に定義された黒体(例えば、真っ黒な鉄のような物体)に熱を加え温度を高めていくと、その黒体の色が、次第に黒色から赤色、白色、青色へと変化していく現象を活用して、その色の変化を照明の光色に適用したものです。従って、照明の光色に対応する黒体の絶対温度(K)で、光色を客観的に表すことができます。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの色・カラーの関連情報

いま知っておきたい「照明の2020問題」に関する情報はこちらから

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わることが予想されます。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介