法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・LED照明の高演色

LED電球・LED照明に照らし出された対象物の色が、自然光に照らされた場合の色に近いことを、演色性(Color Rendering Property)が高いと言います。

読み方:えるいーでぃーでんきゅう・えるいーでぃーしょうめいのこうえんしょく

LED電球・LED照明の高演色とは

LED電球やLED照明の高演色とは、対象物を照らし出した際に、その対象物の色の見え方のよしあしを示す尺度となる演色性(Color Rendering Property)が高いことを指します。つまり、LED電球・LED照明に照らし出された対象物の色が、自然光に照らされた場合の色に近いことを意味しています。

エネルギー効率が高く、寿命が長いといった多くのメリットを持つLED電球・LED照明ですが、その普及をさらに促進するには、より高い演色性の実現がカギになると考えられています。これまでは、高い演色性を実現する照明として、色の再現性の高い白熱電球が使用されていましたが、最近では、LED電球・LED照明においても演色性を高めたさまざまな製品が数多く提供されており、使用用途や活用分野に応じて適切な製品を選択できる環境が整ってきています。

演色性の高さをより正確に判断するのに役立つ基準としては、日本工業規格(JIS)が策定した照明基準総則(JISZ9110:2010)があります。そこには、さまざまな作業や業務、活動に必要とされる平均演色評価数(Ra)が示されています。具体的には、屋外での粗い作業(例:連続的に行われる大きな物/危険物の取り扱い作業など)や、構内での通常の交通(最高40km/h、バス停およびタクシー乗り場を含む)ではRaが20と低く設定されています。また、色の忠実性が求められる美容室での調髪業務や診察室での医療業務では、Raは90と高く設定されています。ちなみに、Raの数値は大きいほど、色の見え方が自然光に近いことを表しています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの色・カラーの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介