人材育成支援サービスの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Autodesk InfraWorks(オートデスク インフラワークス)コース 受講者の声

Autodesk InfraWorksコースを受講した方々から寄せられた、さまざまな声をご紹介します。

InfraWorks 基礎

  • ソフトの基本操作を網羅しているので、入門編として適していると思う。

  • ユーザーインタフェースの説明からじっくり教えていただけた。

  • プレゼンテーションで使用できる。

  • 説明が丁寧で分かりやすかった。

  • 直面している業務に活用できる部分があると感じた。

  • 土量算出、計画道路のイメージが手軽につかめると感じた。

InfraWorks 基礎 コース詳細

CIM モデリング速習

  • ツールの存在は知っていたが実際に使用したのは初めてだったので、適用性などが理解できた。

  • ざっくりと概要と基本操作を学ぶという目的であれば適切な内容と時間であったと思う。

  • 基本操作方法の説明が丁寧だったから。

  • BIM / CIMモデルの作成方法やソフトの使い方が理解できた。テキストと合わせて活用していきたい。

  • AECコレクションの大まかな内容を理解するという目的を達成できたと思うから。

  • テキストから逸脱しすぎない進行で、少し手間取ってもついていくことができた。

  • CIMに関して、ほぼ扱ったことがない状態で受講したが、操作方法や実施可能な作業などソフトごとに分かりやすく学ぶことができた。

  • 実際に業務で使えるものが多かった。

  • CIMのイメージはつかめたので良かった。

  • CADオペレーターさんなどは出席したほうがいいと感じた。

  • ソフトの使い方はかなり理解できた。

  • 満足であったから。

  • CIMの初心者に優しい講習だから。

  • これからCIMを始めるにはちょうどいいと思う。

  • アニメーションツールは説明用に役立つと感じた。

  • 各ソフトの使用目的や役割が分かり、どのソフトを使用して業務を行えばよいか、判断ができる講義内容だった。

  • 特にCivil 3Dは業務への活用が期待できると感じた。

  • Navisworksは業務で使用したことがあったが、工程とのひもづけ機能は知らなかったため、今後使っていけるなと感じた。

  • 鉄筋の干渉チェック機能は事前に施工前にシミュレートできるので、現場で効果があると思った。

  • 使用するソフトや大まかな流れが理解できた。

  • Revitのファミリをどう管理するか勉強になった。

  • 内容が実践的。

CIM モデリング速習 コース詳細

ナビゲーションメニュー