人材育成支援サービスの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)
PowerPoint(パワーポイント)コース

Microsoft Office PowerPointのスクールです。基礎からプレゼンテーションスキルアップまでのコースがあります。

コース概要

PowerPointコースでは、初めて使用する方を対象とした「PowerPoint基礎」から、説得力のあるプレゼンテーション実施のための「プレゼンテーションスキルアップ」コースまでをご用意しています。
貴社の業務に合わせてカスタマイズした研修も可能です。

PowerPointコース トピックス

  • 担当講師からのおすすめ!

    PowerPointコースの中から、特に注目のコースを担当の講師がピックアップしてご紹介します。

    PowerPoint伝わる資料作成≪前編≫ ストーリー構成と言葉の使い方

    いざ、プレゼン資料を作る!となったとき、とりあえずPowerPointを起動してしまう方、いらっしゃいませんか?
    説得力のあるプレゼン資料を作成するには、まず「誰に・何のために伝えるか?」という「目的」と、「相手の知りたいことは何か?」という「ニーズ」を分析し、明確にすることが重要です。
    この「要件定義」をしたうえで、情報を限られた時間の中で、「相手に分かりやすく、かつ効果的にどう伝えるか」というストーリーの構成がポイントとなります。

    本コースでは、プレゼンテーションの成功を左右する要件定義のコツから、相手に分かりやすく伝えるストーリー構成、効果的な言葉の選び方、また言葉では伝えにくい内容を図解化する方法までをご紹介します。

    資料作成で何から始めればよいか迷う方、ストーリー構成に悩んでしまう方、言葉が分かりにくいと言われてしまう方…などにおすすめです。

    PowerPoint伝わる資料作成≪前編≫

    PowerPoint伝わる資料作成≪後編≫ 操作テクニックとデザインの基本

    プレゼン資料は、「内容」+「資料の見やすさ」が説得力につながります。PowerPointで資料を作成する際、「センスに自信がなく、資料作成に時間がかかる」という方が多いです。自信がないために色を多用しすぎたり、やみくもに書式を設定してしまい、肝心な内容がぼやけた資料になってしまう。また、PowerPointの機能を使いこなせず、操作に時間がかかってしまうというケースも多いのではないでしょうか。

    本コースでは、受け手の見やすさを意識して、統一感のある資料を短時間で作成できるようになるために、効率的な操作方法や、見やすい資料作成のポイントをご紹介します。
    伝わる資料を作成するには、プレゼンの土台であるストーリー構成を検討したうえでPowerPointでの操作を行います。構成力や言葉の使い方に自信のない方は「PowerPoint伝わる資料作成≪前編≫ ストーリー構成と言葉の使い方」コースからご受講いただくことをおすすめします。

    PowerPoint伝わる資料作成≪後編≫