法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

白色系・昼白色系のLED

LEDの光色は、色温度が低ければ、赤みがかった暖色系に、色温度が高ければ、青みがかった寒色系になります。その中間に位置し、色温度およそ4,000K(ケルビン)で発光するのが白色系のLED、色温度およそ5,000Kで発光するのが昼白色のLEDです。

読み方:はくしょくけい・ちゅうはくしょくけいのえるいーでぃー
英語正式表記:About White and Natural White LED

白色系・昼白色系のLEDについて

LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)の光色は色温度が低ければ、赤みがかった暖色系に、色温度が高ければ、青みがかった寒色系になります。その中間に位置し、色温度およそ4,000K(ケルビン)で発光するのが白色系のLED、色温度およそ5,000Kで発光するのが昼白色のLEDです。

LEDの光色には、このほかに、暖色系に分類される色温度およそ3,000Kの電球色、色温度およそ3,500Kの温白色、また寒色系に分類される色温度およそ6,500Kの昼光色があります。最近のLED電球をはじめとするLED照明製品では、暖色系から寒色系まで光色を変更・調整できる調色機能を備えた製品も提供されています。なお、光色と色温度の関係は、LEDだけでなく、白熱電球や蛍光灯にも同様に適用することができます。

色温度は、物理的に定義された黒体(例えば、真っ黒な鉄のような物体)に熱を加えて温度を高めていくと、その黒体の色が、次第に黒色から赤色、白色、青色へと変化していくという現象を活用して、その色の変化を照明の光色に適用したものです。従って、照明の光色に対応する黒体の絶対温度(K)で、光色を客観的に表すことができます。

光色は、白色や昼白色などのように、人間の主観的な尺度だけで表現することもできますが、人間は、ある光色で照明された場所に居続けると、色順応という錯覚を起こし、次第にすべてが白色に見えるようになります。そのため、主観的な尺度だけでは、正確な光色を表すことはできません。そこで、光色を客観的かつ正確に表すために登場したのが、色温度という尺度です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの色・カラーの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介