法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDカメラ

LEDカメラは、赤外カメラと赤外LEDを組み合わせた監視カメラです。窓のない工場や倉庫の中など、真っ暗な場所でも対象を明瞭(めいりょう)に映し出すことができます。日中など明るい状態では通常撮影、暗いときにはLED照明を発光させ赤外カメラとして機能するものが一般的です。

読み方:えるいーでぃーかめら
英語正式表記:LED camera

LEDカメラ

LEDカメラとは、LED照明を組み込んだ監視カメラです。赤外カメラと赤外LEDの組み合わせが基本となっており、真っ暗な場所でも赤外線により対象を明瞭に映し出すことができます。日中など明るい状態では可視光カラー撮影、暗くなったときにはLED照明を発光させ赤外カメラとして機能するものが一般的です。

監視カメラは多くの場合、人間がいない場面でも撮影できることが求められます。人間がいない場面では明るさが不足する場合も多いということであり、例えば窓のない工場や倉庫の中などでは照明を落とせば完全に暗闇(くらやみ)という状況も珍しくありません。わずかな明かりでも撮影できるカメラもありますが、それでも完全な暗闇の中では役に立ちません。カメラ自体に照明を組み込み、対象を照らして撮影するLEDカメラなら、こうした場面でも撮影が可能です。

LEDカメラの多くは赤外線で光る赤外LEDを使い、赤外線で撮影をします。可視光線を使わないのは、カメラが目立たず不審人物などに察知されにくいことや、置かれている商品の都合などで可視光線をできるだけ当てたくない、といった理由が考えられます。なお、LEDカメラでも、日中や周囲の照明が点灯しているなど環境に可視光線がある場合には、LEDを発光させずカラー映像を撮影するようになっているものが多いようです。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介