法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED誘導灯

LED誘導灯は、避難口や避難方向など、目的の場所へ人を安全かつ迅速に誘導するための標識を見やすく表示する装置で、光源にLEDを使用しています。誘導灯にLEDを採用することにより、大きな節電効果を期待することができます。

読み方:えるいーでぃーゆうどうとう
英語正式表記:LED guidance light

LED誘導灯とは

LED誘導灯は、避難口や避難方向など、目的の場所へ人を安全かつ迅速に誘導するための標識を見やすく表示する装置で、光源にLEDを使用しています。誘導灯は、常用電源を使っていつも点灯させている必要があり、常用電源が停電した場合でも、自動的に非常電源に切り替えて、瞬時に再点灯させなければなりません。非常電源は、表示装置内に内蔵された蓄電池を使用するものが多く、誘導灯はこれを使って一定時間点灯し続ける必要があります。

誘導灯の光源には、これまで、これまで白熱電球や蛍光ランプが使用されていましたが、フィラメントを加熱して発光させる白熱電球や、放電によって発光を実現する蛍光ランプに比べ、原理的に電気を直接光に変換するLEDは、エネルギー効率が格段に高く、より低い電力で発光させることができます。誘導灯は、夜間も含め、長時間にわたって点灯し続ける必要があるため、LEDを採用することにより、大きな節電効果を期待することができます。また、非常時に常用電源が停電した場合も、小容量の蓄電池を使って非常電源を長時間にわたって点灯させ続けることができます。

LEDを使うもう一つのメリットは、白熱電球や蛍光ランプに比べて、寿命がはるかに長く、球切れやランプ切れの頻度が大幅に減少することです。例えば、誘導灯の点灯時間を1日平均12時間とした場合、蛍光灯はおよそ1年で取り替えが必要ですが、LED電球などのLED照明は9年以上も取り替える必要がありません。こうしたメリットにより、現在、白熱電球や蛍光ランプからLEDへの移行が急速に進みつつあります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDライトの関連情報

いま知っておきたい「照明の2020問題」に関する情報はこちらから

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わることが予想されます。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介