法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDパイロットランプ

LEDパイロットランプは、電気製品などの通電状態を示すパイロットランプの光源にLEDを用いたものです。パイロットランプは、高熱や高電圧など通電状態での扱いに注意が必要な製品にはなくてはならないものです。

読み方:えるいーでぃーぱいろっとらんぷ
英語正式表記:LED pilot lamp

LEDパイロットランプとは

LEDパイロットランプは、電気製品などの通電状態を示すパイロットランプの光源にLEDを用いたもので、「表示灯」とも呼ばれます。LEDは通常の白熱電球に比べて、20倍以上の寿命があるので、こうした分野にも広く活用されるようになりました。LEDは電源回路が電球とともに必要になり通常の電球よりも設置スペースを広く取る必要がありましたが、技術革新によってこうした問題もなくなりました。

パイロットランプは、高熱や高電圧など通電状態での扱いに注意が必要な製品にはなくてはならないものです。例えば、電気アイロンなどのパイロットランプが切れた状態だと、通電しているかどうかが分からず、利用者がうっかり触ってしまうといった危険性があります。このように、パイロットランプは利用者の安全のためにはなくてはならないものです。このため、長寿命のLED電球はパイロットランプの役割を従来の電球以上に担えるものとして注目されています。

LEDパイロットランプは、設置スペースを従来の電球よりも広く確保しなくてはならないと言われていましたが、現在では、各種電化製品などのパイロットランプとして設計に制約をきたすといったことは、ほとんどありません。またLEDは、電球やネオン管など従来パイロットランプとして使われてきた光源よりもコストが安いため、広く活用されるようになっています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介