人材育成支援サービスの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Autodesk Civil 3D(オートデスク シビル スリーディ)コース
受講者の声

Autodesk Civil 3Dコースを受講した方々から寄せられた、さまざまな声をご紹介します。

Civil 3D 基礎

  • 法面作成や土量計算、断面図の作成など一つ一つ計算する必要がないので、時間短縮に大きく貢献できると思います。

  • 今まで手描きで法面を発生させたり、道路線形を作成したりしていたが、Civil 3Dをうまく活用すれば業務をもっと効率よく行うことができると思った。

  • 縦断図作成に悩んでいたが、解決できた。

  • グレーディングやコリドーなど、独学では分かりにくい点を理解することができた。

  • 実務において使用する内容にある程度沿っており、すぐに生かせることができるので役に立った。

  • 自分で調べながら練習しても全くできなかったのが、受講してよく分かるようになった。

  • AutoCADで苦労して作成していたドキュメント類を比較的簡単に作成できる。また、プレゼン資料でも活用できると思った。

  • これまで複数のソフトをまたいで3次元データを作成していましたが、Civil 3Dを使用することで、容易にデータを作成できそうです。

  • Civil 3Dの概要を知るにはとても良いですね。土量計算の演習は、これからの仕事のヒントになりました。

  • 造成設計における土量計算や道路設計に困ることが多かったが、Civil 3Dを使用することで作図と数量計算が一度にでき、業務の効率化や時間短縮につながると感じた。

Civil 3D 基礎 コース詳細

Civil 3D 応用

  • 線形、コリドーを利用した掘削形状作成とアセンブリ作成のコード指定方法が役に立った。

  • 3D形状の把握など役に立つと感じた(点群データなど)。

  • すごく勉強になった。AutoCADの3Dコマンドも学べてよかった。

  • ヘルプや検索で機能を調べてもなかなか仕事で活用するまでにたどり着かないことが多かったが、講習で活用方法を教えてもらえたので、仕事の生産性向上に期待できる。

  • 一人では学びきれない操作方法を学ぶことができ、手探りの独学で得た知識の補完に役立った。

  • 独学・ネット上で調べ上げられなかった知識を今回の講義内で多く得られたので大変勉強になりました。

  • 今まで法面や計画線の多くを手描きし、かなりの時間を要していたため、Civil 3Dで自動作成できるようになればかなり効率化を図ることができると思う。地形を解析する機能もうまく利用し、業務に役立てていきたい。

  • 分かりやすく、初心者にはもってこいだと思います。プレゼンへ利用する技術が早速使えると思いました。

  • 建築物の外構計画に利用したい。掘削底面が分かれば土量計算ができるなど、役立ちそう。

  • 色々なタイプのコリドーの描き方や、計画線からコリドーを作成して現況地形に反映する操作方法は今後の業務で使えると思った。

  • 実務での用途が想像しやすかった。土量の数量を出す内容は現場でも実践してみたいと思いました。

  • 3Dデータの読み込み・書き出しの方法が多々あることが分かり、試したいと思えた。

Civil 3D 応用 コース詳細

CIM モデリング速習

  • 4種類の製品の概要が学べてよかった。どのような製品かが理解しやすかった。

  • 短期間で効率的に4製品について学ぶことができた。

  • 四つのソフトを学べるので、何に力を入れて学ぶかを決めることができよかった。

  • 2日間で詰め込んだ感じではあるが、CIMの全体の流れを知れるのは有意義だと思う。

  • 2日にわたって貴重な体験ができ、全てが役に立ちました。

  • テキストが分かりやすく、インストラクターの方も丁寧に教えてくれてよかった。

  • 3D CADの面白さを実感できた。これからも学習し続けたい。

  • ソフトの理解が不十分だったため、現状の業務ではなかなか3次元モデルを活用できていなかった。今回の講義でソフトごとに可能な操作を全体的に教えていただけたため、業務内で使用できる場面を検討したい。

  • AEC-Collectionを導入したが使用するソフトが限られていたので、活用方法が2日間で少し分かってよかった。

  • Navisworksのアニメーションや施工ステップは、すぐにでも自分で操作して業務上で使えそうだと感じた。

CIM モデリング速習 コース詳細

ナビゲーションメニュー