人材育成支援サービスの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Autodesk Civil 3D(オートデスク シビル スリーディ)コース
受講者の声

Autodesk Civil 3Dコースを受講した方々から寄せられた、さまざまな声をご紹介します。

Civil 3D 基礎

  • 基本的な操作や、Civil 3DとAutoCADとの違いを理解できたため。

  • Civil 3Dの考え方が理解でき、業務へどう活用しようか考えられる機能があると思う。

  • 線形や横断図、縦断図など容易にかけるため、計画などで活用できると感じた。

  • Civil 3Dの基本的な使用方法を理解できたので満足。

  • 3DCADで、できることを理解した。

  • 3DCADの利用経験がなく不安でしたが、説明が丁寧で分かりやすかったです。

  • ゆっくり丁寧にやっていただいていたが、追いつかないときがあった。後ろから確認していただいており、後ろの先生がサポートに来てくれるのは良かった。

  • 3DCADがどうのようなものなのかは理解できた講習であったため。弊社として具体的な使い方が定まっていないかったので、今回の講習は3DCADを理解するために受講しました。

  • 分かりやすく、まず基本なので受講したほうがいいと思うから。

  • 3DCADでできることを学べたので、自社の業務で採用できるか検討できるようになった。

  • 縦横断図の作り方が理解できたのは大きな成果です。

  • サーフェイス、縦断、まとめテーブルなどの作成が何とか理解できました。

  • 横断ビューの作成が一括して行えるところ。

  • 横断図の作成は実際の業務にも生かせるのではないかと考えています。

  • Civil3Dを初めて扱ったので、だいたいどんなものか分かった。

  • 土量の計算や、横断図作成など、パターン化したものが簡単に算出、作図できるのは省力化できそうです。

  • 分かりやすくて、業務で困りそうなところを集中的に教えていただけたので良かったです。

  • テキストに沿っての進行だったので、理解しやすかった。

  • 全体的に生かせる部分は多かったが、特に土量計算などは早速使えるのではないかと思った。

  • Autodeskのトレーニングテキストだけでは分からない箇所がかなり深く理解できました。何種類もやり方を教えていただけて良かったです。

  • AutoCADはマスターしていますが、所有のCivil 3Dは、全く使えなかった問題が解決できました。

  • 平面縦断、横断のリンクによっての土量算出が業務に生かせると思った。

Civil 3D 基礎 コース詳細

Civil 3D 応用

  • 点群データの取り扱い方法がイメージできました。

  • 分からなったところが分かるようになりました。実際に見て理解が深まりました。

  • 質疑に対して丁寧に説明いただいた。

  • 解説が分かりやすく、とても勉強になった。

  • 基礎編で手間取っていた操作が応用編で繰り返されたことでソフトの習熟度がアップした。

  • 受けてよかったです。

  • Civil 3Dの基礎がしっかり身に着けられると感じたため。

  • 初心者にとっても、分かりやすかったから。

  • 2DCADを十分に利用できる技術者には3D対応に際して大変有意義であると感じた。

  • コリドーで掘削面を作るところや、道路の拡幅がとてもよかったです。

  • 物の見方を変えて、イメージがしやすくなったと思う。

  • Civil 3Dでなく、ReCapや3Dモデリングの概要も学べて、業務の幅が広がると感じた。

  • ReCapのオペレーションは即時業務にて実践可能であり、大変有効であった。その他、構造物設計やプレゼンモデルについては、i-Construction対応へ向けての礎になったと感じた。

Civil 3D 応用 コース詳細

CIM モデリング速習

  • ツールの存在は知っていたが実際に使用したのは初めてだったので、適用性などが理解できた。

  • ざっくりと概要と基本操作を学ぶという目的であれば適切な内容と時間であったと思う。

  • 基本操作方法の説明が丁寧だったから。

  • BIM / CIMモデルの作成方法やソフトの使い方が理解できた。テキストと合わせて活用していきたい。

  • AECコレクションの大まかな内容を理解するという目的を達成できたと思うから。

  • テキストから逸脱しすぎない進行で、少し手間取ってもついていくことができた。

  • CIMに関して、ほぼ扱ったことがない状態で受講したが、操作方法や実施可能な作業などソフトごとに分かりやすく学ぶことができた。

  • 実際に業務で使えるものが多かった。

  • CIMのイメージはつかめたので良かった。

  • CADオペレーターさんなどは出席したほうがいいと感じた。

  • ソフトの使い方はかなり理解できた。

  • 満足であったから。

  • CIMの初心者に優しい講習だから。

  • これからCIMを始めるにはちょうどいいと思う。

  • アニメーションツールは説明用に役立つと感じた。

  • 各ソフトの使用目的や役割が分かり、どのソフトを使用して業務を行えばよいか、判断ができる講義内容だった。

  • 特にCivil 3Dは業務への活用が期待できると感じた。

  • Navisworksは業務で使用したことがあったが、工程とのひもづけ機能は知らなかったため、今後使っていけるなと感じた。

  • 鉄筋の干渉チェック機能は事前に施工前にシミュレートできるので、現場で効果があると思った。

  • 使用するソフトや大まかな流れが理解できた。

  • Revitのファミリをどう管理するか勉強になった。

  • 内容が実践的。

CIM モデリング速習 コース詳細

ナビゲーションメニュー