法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED 100V電球・照明

日本の家庭向けには、100V、もしくは110Vの電圧で電力が供給されています。そのため家庭向けのLED電球・LED照明も、100Vで動くように設計されています。100V用ではないものには、業務用照明器具などがあります。

LED 100V電球・照明とは

日本の家庭向け電力は基本的には100V、一部の地域では110Vの電圧で提供されています。そのため、家庭向けのLED電球やLED照明器具の多くが100V、110Vで動くようになっています。業務用照明器具のように特殊なものの中には、100V用ではないものがありますが、家庭向けの照明器具であれば100V、110V用となっています。100V用を110V電圧の過程で利用しても、110V用を100V電圧の家庭で利用しても、大きな問題は起こりません。

LED照明のベースとなっているLED発光素子は、直流低電圧の電源で発光します。家庭で利用している100V電圧で利用するためには電源回路設計を行うことが必すとなります。LED照明普及期から現在に至るまで、電源回路の小型化、低価格化するための技術革新が進められています。小型照明器具登場の背景には、100Vにつなぐための電源回路設計の技術進化があります。

家庭の電圧は100Vが基本ですが、近隣に工業地帯や大型施設が存在する場合には、110V電圧の家庭も存在します。白熱灯の時代には、100V電圧の家庭で同じワット数の電球を使った場合、110V用電球の方が100V用のものに比べて暗く、消費電力は110V用のものが少ない、寿命は110Vの方が長いというメリットがありました。そこであえて100Vの家庭で、110V用を利用する家庭もありました。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDボルト数の関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介