法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED最強ライト

LED電球・照明のベースであるLEDは、ベースとなるLEDチップの技術開発によって、より高出力のLED照明が次々に生み出されています。こうした「最強ライト」の登場が、LED照明の新たな用途拡大につながっています。

読み方:えるいーでぃーさいきょうらいと

LED最強ライトについて

LED電球・照明では、消費電力やワット数で最強出力の、「最強ライト」が次々に生み出されています。これはベースとなるLEDチップの技術進化が進み、より低消費電力で高出力な照明や電球となるものが生み出されているからです。初期のLED照明の光量は決して大きくありませんでしたが、技術進化によって高い光量が必要な街路灯やハイビームとして利用できる製品が登場しています。LED照明のイメージを大きく覆すパワーを持った製品が登場しています。

高出力の照明器具が必要な工場向け照明器具にも、LED照明の普及が進んでいます。2010年ごろから、水銀ランプで700W相当の明るさを持った高出力の照明が次々に登場してきました。高出力でありながら、消費電力が大幅に削減できること、水銀ライトに比べて長寿命で、ライト交換の回数が少なく、天井の高い工場ではメリットが大きいことなどの理由から、高出力のLED照明の普及が進んでいます。

ユニークなLED照明の用途としては、植物育成用ライトとしての利用があります。土ではなく、水耕栽培とLED照明をあて続けて植物を育成する方法で、いわば工場で植物を育成する感覚になります。この植物工場には、農薬を使用せずに植物を、短期間に育成できるなどのメリットがあります。ここでも最強出力のLED照明の登場が大きな影響を与えています。新しいLED照明の登場が、植物の成長に大きな影響を与えるのです。最強のLED照明の登場が植物工場の発展のカギを握っています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDボルト数の関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介