法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED 200V電球・照明

オフィスで使われているLED 200Vの電球・照明が利用されているのはオフィスや工場などの業務用途です。LED蛍光灯、LED電球をはじめ、投光器、工場での利用など幅広い業務用途に使われています。

読み方:えるいーでぃーにひゃくぼるとでんきゅう・しょうめい

LED 200V電球・照明とは

200Vは、ボルト数200、電圧を表します。日本の家庭の電圧は100Vが一般的ですが、高出力エアコンなどには200V電圧のコンセントが導入されています。照明に関して200V電圧が利用されているのは、オフィスや工場など業務用途です。200VのLED電球・照明は多数登場しており、LED蛍光灯、LED電球をはじめ、投光器、工場での利用など幅広い業務用途に使われています。

業務で利用する照明器具の場合、「入力電圧」として「AC180~AC264」などというように、対応している電圧に幅があるものがほとんどです。この入力電圧とは、「仕様規格項目を保証できる入力電圧およびその周波数の範囲」をいいます。200Vの電圧の照明であれば、この範囲の製品を選択すれば動作します。オフィスでも100Vであるケースも多くありますが、「100V/200Vどちらでも使用できます」という製品も多数あります。

電圧200Vは、工場や店舗で使われていることも多い電圧であることから、店舗や工場で使うLED照明も多数存在しています。駐車場や入り口に取り付ける人感センサー付きの防犯ライトなど、付加価値の高いものも存在します。通常のオフィスで利用するものとしても、蛍光灯タイプ、電球タイプなど、さまざまなタイプの照明器具があります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDボルト数の関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介