法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDブルーライト

LEDブルーライトとは、LED照明などに含まれる青い光の成分、または鎮静効果をねらった青い光のLED照明のことです。人間の目や体内時計などに影響を与えるとされているブルーライトは、その影響を積極的に活用しようとする動きと排除する動きの両方がみられます。

読み方:えるいーでぃーぶるーらいと
英語正式表記:LED blue light

LEDブルーライトとは

LEDブルーライトとは、LED照明などに含まれる青い光の成分、または鎮静効果をねらった青い光のLED照明のことです。ブルーライトは人間の目や体内時計などに影響を与えるとされており、近年ではその影響を積極的に活用しようとする動きと排除する動きの両方がみられます。

LED電球やLED照明には、青色LEDを黄色の蛍光色素入りの樹脂で覆った白色LEDが広く使われています。また、調色型のLEDなどでは光の三原色に対応する三つの素子を一つのパッケージにモールドしてあります。パソコンやスマートフォンなどの液晶画面にも、バックライトに三原色LEDを使ったものが少なくありません。これらはいずれもブルーライトを含んでおり、この青が人間の目や体内時計への悪影響を与えるとされることから、青い光をカットするブルーライト対策眼鏡などが販売されています。

その一方で、青は鎮静効果があるとも言われており、駅のホームなどに自殺予防効果を期待したブルーライトが設置されていることがあります。このブルーライトには蛍光灯を使ったものもありますが、多くは青色LEDが使われています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介