法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDテープライト

LEDテープライトとは、多数のLEDを配線とともに平たいテープ状に加工した照明器具のことで、主にショーケースや看板などのイルミネーション装飾として用いられます。「LEDリボンライト」「LEDストリップライト」といった呼び方もあります。

読み方:えるいーでぃーてーぷらいと
英語正式表記:LED tape light

LEDテープライトとは

LEDテープライトとは、多数のLEDを配線とともに平たいテープ状に加工した照明器具のことです。「LEDリボンライト」「LEDストリップライト」といった呼び方もあります。主にショーケースや看板などのイルミネーション装飾として用いられ、さまざまな光の強さや色、発光パターンの商品があります。LEDテープライトは、必要な長さに切って貼り付けるなどして設置し、専用の電源装置(ACアダプターなど)やコントローラーに接続して使用します。

LEDテープライトの構造と特徴

LEDテープライトは、多数のLEDを一定の間隔で並べ、配線とともに平たいテープ状の形に樹脂でラミネートした構造になっています。好きな長さに切って貼り付けて使用します。

LEDテープライトは柔軟性があり、曲面に設置できるのが特徴の一つです。ただし、基本的にテープの幅方向には曲げることができません。両面テープや固定具を使って、壁などに固定して使います。あらかじめ裏面に両面テープが貼られたものもあります。LEDテープライトに似たものとしては、柔軟性のあるチューブの中にLEDや小型電球を並べたチューブライト・ロープライトもありますが、LEDテープライトは発光部を極薄にできるLEDならではのイルミネーションと言えます。

LEDテープライトの種類

LEDテープライトには、搭載するLEDの種類や配置間隔、テープの幅・薄さ・長さ、また防水加工の有無などにより、多種多様の製品があります。LEDテープライトは柔軟性があるため、多くはロールに巻いた状態で販売されています。

LEDは、色や明るさ、配光特性(表面発光、側面発光)などの違いにより多くの種類があります。イルミネーション用・装飾用のため色のバリエーションは豊富にあり、3原色のLEDを採用して色を変えられるようにした製品もあります。また、並べられたLEDが同時に点灯/消灯するもののほか、LEDが順に発光することで光が流れるように見えるものなどもあります。テープ加工の違いによって、屋外でも使えるよう防水加工を施したものや、防水加工をせず薄く軽く作ったもの、光を拡散するため乳白色や透明の部材で覆ったものなどがあります。また、あらかじめ裏面に両面テープを貼って利便性を高めた製品もあります。

LEDテープライトの使い方

LEDテープライトは、必要な長さに切って使うのが基本です。設置の際には、対応する電源やコントローラーと配線をつなぐため、ハンダ付けなどの工作が必要となります。

LEDテープライトには電源回路やコントローラー機能が内蔵されていないため、テープの端に端子を設けて、そこに対応する電源やコントローラーを接続して使います。メーカー出荷時に端子を取り付けてあることもありますが、設置施工の際には必要な長さに切って使うことが多いため、端子の加工が必要になることが多いです。電源には、設置場所に応じてACアダプターやDCアダプターが使われます。調色型や明滅タイプのLEDテープライトを使う場合には、そうした機能に対応するコントローラー機能を搭載した電源を使います。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介