法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED埋め込みタイプ

LED埋め込みタイプとは、ベースライトやダウンライトなど天井などに埋め込むように設置するLED照明のことです。LEDは他の光源より照明器具をコンパクトにでき、発熱も小さめになることから、天井内への張り出しも小さくて済むのが特長です。

読み方:えるいーでぃーうめこみたいぷ

LED埋め込みタイプとは

LED埋め込みタイプとは、ベースライトやダウンライトなど天井などに埋め込むように設置するLED照明のことです。埋め込み照明は天井の断熱材に穴を空けるなど施工の際には注意が必要な反面、室内への張り出しがほとんどなく、部屋を広々と使うことができます。LEDは他の光源より照明器具をコンパクトにでき、発熱も小さめになることから、天井内への張り出しも小さくて済むのが特長です。

よく見かける埋め込みタイプの照明には、室内を広く均一に照らすことで基礎(ベース)として使われるベースライトや、照明のアクセント的に用いられることの多いダウンライトがあります。いずれも壁や天井の中に配線を通し、壁に設けたスイッチでON/OFFするのが基本です。これらの照明器具は器具に合わせて天井材に穴を空けて施工しますが、天井内の断熱材に器具が覆われると熱がたまって器具が過熱し、故障や火災の原因となりかねないので、断熱材に穴を空けたり、断熱材を持ち上げたりするなどして器具に触れないようにする必要があります。LED照明でも、他の光源より発熱は小さめになっているとはいえ、この点には注意が必要です。とはいえLED照明は器具全体を薄くしたり、小型化したりすることが容易で、施工時の負担は軽減されます。

また、天井に設置する照明器具はメンテナンスの際に手間が掛かり、高所作業の危険も伴いますが、LEDでは電球や蛍光管などに比べて、はるかに寿命が長いので、LED埋め込みタイプの照明は手間や危険を減らすのにも役立ちます。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.3

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介