まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Trend Micro Apex One
(旧製品名:ウイルスバスターコーポレートエディション)

Apex Oneは、先進技術と実績ある技術を融合したXGen(クロスジェネレーション)のセキュリティアプローチにより、さまざまな脅威に対して広範な保護を提供する、クライアント/サーバー向けの総合セキュリティ対策ソフトです。

製品概要

AI技術と実績の高い技術(注1)の融合による高い防御力に加え、EDR機能(注2)による感染被害時調査と対処の強化を1つのエージェントで実現する総合エンドポイントセキュリティ。標的型サイバー攻撃や未知のマルウェア(注3)に対しても効果的なセキュリティを実現

  • (注1)ウイルス対策やWebレピュテーションなど従来の対策技術
  • (注2)別途ライセンスを購入頂くことで、EDR機能をご利用いただけます。
  • (注3)全ての未知ウイルスなどの脅威に対応するものではありません。

高度な機械学習検索

AI技術の活用により未知のファイルを判別(注3)し、実行前・実行後両方に対応するアプローチ。Trend Micro Smart Protection Networkにあるホワイトリスト・アプリケーションの普及度情報、既存の高い技術との融合により誤/過検出を削減するノイズキャンセル技術を採用しています。

  • (注3)全ての未知の脅威に対応するものではありません。

【発売元】 トレンドマイクロ

製品機能

機械学習型検索(ファイル/挙動)

AI技術を利用して、エンドポイントに侵入するファイルや挙動の特徴を元に判断することで、従来の検出技術では検知できなかった未知のマルウェアにも迅速に対処することができます。

スマートスキャン

パターンファイルに加えてTrend Micro Smart Protection Network上の最新の防御情報を利用することにより、従来型スキャンよりも防御力を高めることができます。

Webレピュテーション

Trend Micro Smart Protection Networkに収集された膨大な危険なURLの情報を利用して、エンドポイント端末から危険なWebサイトへのアクセスを自動的に遮断します。

挙動監視

挙動監視パターンファイルに記載されたルールに従い、OSまたはインストールされたプログラム、ドキュメント等に対する不審な動作や変更が行われていないか監視する機能です。

メモリースキャン

メモリーに展開されたプロセスをスキャンすることで、パッカーで生成された亜種やファイルレス型の脅威を検出する機能です。

エクスプロイト対策

Web、メールからダウンロードされたドキュメントのエクスプロイトコードを検出、隔離できます。

感染時の自動復旧

該当する不正プログラムを削除に加え、ウイルス感染によって不正に改変されたファイルやレジストリなどの修復を行い、システムを感染前の状態に復旧する機能です。

Connected Threat Defense

Deep Discovery Inspector/Analyzerとの製品連携によるサンドボックス検索で、新たに発見した未知の脅威に関する情報(カスタムシグネチャ)を受け取ってエンドポイント側で検索処理を行います。

【オプション】Apex One DLP Option

管理者による、きめ細かなデバイスコントロールとポリシーに基づいて、USBドライブ、USB接続のモバイルデバイスやその他のリムーバブルメディアの使用を制限できます。また、キーワード、正規表現、ファイル属性に基づいて不適切なデータを検出し、可視化することが可能です。

  • * マイナンバーテンプレートを利用してファイルのスキャニングを実行。漏えいの可能性があるメールを添付、USBメモリー、オンラインストレージなど、各ルートの流出を監視します。

【オプション】Apex One Endpoint Sensor (EDR)

ウイルス感染などの脅威を受けた際、データ侵害を受ける前にその脅威を検出して対応する支援をする機能です。攻撃の特定、企業ネットワーク内の被害端末を迅速に可視化、インシデント調査・分析から対処(端末の論理隔離・プロセスの強制終了)までをシームレスに実現する機能を提供します。

ラインアップ別機能対応表

  • * Client / Server Suiteは新規・新規優待の受注を終了しています。更新のタイミングで、ウイルスバスターコーポレートエディションPlusの「更新」としてのご注文で、既存のご契約を移行できます。Client / ServerSuite Premiumへは「新規優待」のご注文で、新たなご契約として移行できます。

価格(新規価格)

対象ABCD
5-24(注4)25-4950-99100-249
クライアントPC・
サーバー・Web
からの脅威対策
ウイルスバスター
コーポレート
エディションPlus
9,5509,2608,6307,520
クライアントPC・
サーバー総合対策
Client / Server
Suite Premium
14,90013,90013,00010,900
Apex One DLP Option3,9003,6603,4803,320
Apex One Endpoint Sensor (EDR)14,90013,90013,00010,900
  • * 上記価格には、消費税が含まれておりません。
  • * 更新・新規優待価格は、新規価格の50%OFFになります。

セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

動作環境

管理サーバー

CPU
  • 1.86GHz Intel Core 2 Duo(デュアルコア)以上
  • AMD 64(デュアルコア)プロセッサー
  • Intel 64(デュアルコア)プロセッサー
メモリー
  • 2GB以上のRAM
  • アプリケーションコントロールまたは仮想パッチを使用する場合:8GB以上のRAM
  • Apex One Endpoint Sensorを使用する場合:16GB以上のRAM
HDD
  • 7.0GB以上
  • Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:8.0GB以上

クライアント

CPU
  • 2GHzのIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
  • Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / POSReady 7 / 7 Embedded / 8.1 Embedded / 10 IoT Embedded の各32ビット版を使用する場合:1GHz(2GHzを推奨)のIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
メモリー
  • 2GB以上
HDD
  • 1.5GB以上の空き容量(推奨2.0GB以上)
  • Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:2.0GB以上の空き容量(推奨3.0GB以上)

トレンドマイクロ システム要件ページ (トレンドマイクロのページが別ウィンドウで開きます)

セキュリティの導入事例をご紹介