法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED UVライト

LED UVライトは、紫外線(UV:ultraviolet)を含んだ光を出すLED照明器具のことです。UVライトは、紙幣識別や樹脂硬化用の光源、光触媒との組み合わせによる空気清浄器用の光源、蛍光探傷試験、捕虫、果物の選別などに活用されます。

読み方:えるいーでぃーゆーぶいらいと
英語正式表記:LED ultraviolet light

LED UVライトとは

LED UVライトは、紫外線(UV:ultraviolet)を含んだ光を出すLED照明器具のことです。そもそもLEDの出す光は紫外線を含まないものですが、技術開発により製品化されました。UVライトは紙幣識別や樹脂硬化用の光源、光触媒との組み合わせによる空気清浄器用の光源、蛍光探傷試験、捕虫、果物の選別などに活用されます。LEDの普及に伴い、こうした用途の光源にも、消費電力が小さく、寿命の長いLEDが従来の水銀ランプに替わって活用されるようになりました。

紫外線は可視光線より短く、X線より長い波長を持つ不可視光線の電磁波です。用途によって波長を選ぶ必要があります。LED UVライトにも9種類の波長の長さの異なった製品があります。9種類をさらに大別すると、UVA(波長が315-400nmである紫外線)、UVB(波長が280-315nmである紫外線)、UVC(波長が280nm未満である紫外線)の3種類に分かれます。UVAやUVBを発光するLED UVライトが紙幣識別や樹脂硬化用の光源、光触媒との組み合わせによる空気清浄器用の光源などに使われます。

UVC LEDの主な用途は科学的分析に使われるのが一般的ですが、殺菌作用に優れた効果を持っているために、大規模な水や空気の洗浄施設に利用できないか研究が進められ、コスト的にも見合った施設が作られつつあります。UVC LEDは半導体製造工場などでもさまざまな用途が見込まれており、市場規模は数百億円規模と言われています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介