生産管理とは? 製造業における目的や業務内容をわかりやすく解説

生産管理は、受注から納品までを含む、製造業において必要不可欠な業務です。大企業だけでなく、むしろ中小企業にこそ生産性を上げるために改善すべき課題がたくさんあります。一言で生産管理といっても生産計画から受注管理、発注管理、在庫管理や品質管理に至るまで、さまざまな管理が含まれます。ここでは生産管理とはどのようなものなのか、具体的な業務内容を挙げながらわかりやすく解説します。

生産管理とは

モノづくりの現場では、具体的な計画や指示に基づいた生産が行われており、これを管理するのが生産管理です。生産・製造計画は主に三つの要素「品質(Quality)、原価(Cost)、納期(Delivery)から成り立っています。このQCDを最適化するのが生産管理です。

生産管理の目的は、「品質の良いモノを(Q)、原価を抑えて(C)、短納期でつくる(D)」ことを実践し、自社製品の競争力を高めることです。「良いもの」を「できるだけ安く」「都合のよいタイミング」で欲しいという顧客心理を考えると、QCDは顧客満足度、ひいては売り上げにつながる重要な要素といえるでしょう。

QCDを最適化するための生産管理

QCDを最適化するには、納期、在庫、工程、原価を重点的に管理する必要があります。どのようにこの四つを管理すればよいか、具体的な業務内容に沿って、生産管理を見ていきましょう。

生産管理で管理すべきものは主に以下の通りです。

 主に納期に関わるもの主に在庫に関わるもの主に工程に関わるもの主に原価に関わるもの
生産計画  
受注管理  
発注管理 
在庫管理 
製造管理
外注管理 
進捗管理  
品質管理  

生産計画

受注情報や販売計画などの見込み情報をもとに、工場内の機械や人員の負荷状況なども考慮しながら、「いつ(生産日)、なにを(品目)、いくつ(数量)、いつまでに(納期)」作るかを管理します。

受注管理

「いつ(受注日)、どこから(受注先)、なにを(品目)、いくつ(数量)、いくらで(金額)、いつまでに(納期)」作るかを管理するとともに、まだ出荷できていない受注残の管理も重要です。

発注管理

製造に必要な材料や部品を「いつ(発注日)、どこへ(発注先)、なにを(品目)、いくつ(数量)、いくらで(金額)、いつまでに(納期)」発注するかの管理とともに、入荷できていない発注残の管理も重要です。納期遅れや発注漏れによる部材の欠品防止、過剰発注の防止もポイントです。

在庫管理

材料・部品・中間品・製品などについて「なにが(品目)、どこへ(倉庫・棚)、いくつ(数量)、いつ(予定)、入り(入庫)、あるいは、出て(出庫)いくのか」を管理するとともに、適正在庫や有効在庫の時系列での管理も重要です。

製造管理

「なにを(品目)、いくつ(数量)、いつまでに(納期)、どのように(工程・作業)作るのか」という製品の生産指示および実績に関する管理を行います。

外注管理

「なにを(品目・工程・作業)、どこに(外注先)、いくつ(数量)、いつまでに(納期)」の管理とともに、外注先に対して支給品があれば、支給品に関しても「なにを(品目)、どこに(外注先)、いくつ(数量)、いくらで(有償/無償)支給した」といった管理を行います。

進捗管理

「どの工程の、どこで(作業ライン、社内/社外)、なにを(品目)、いくつ(数量)、どのように(作業)、いつまでに(納期)」といった計画・予定に対して、実際にどこまで進捗しているのか」を管理します。

品質管理

「なにを(品目)、いつ(日付)、いくつ(数量)」検査した結果、「良品と不良品がそれぞれいくつ(数量)で、不良の場合は、なにが不良だったのか(不良原因)」などを管理します。

5W2Hによる管理

生産計画
なにを、いつ、どこで、だれが、いくつ製造するか
受注管理
なにを、いつ、どこから、いくつ、いくらで、いつまでに製造するか
発注管理
なにを、いつ、どこへ、いくつ、いくらで、いつまでに発注するか
在庫管理
なにが、どこに、いくつ、いつ入り(入庫)あるいは出て(出庫)いくのか
製造管理
なにを、いくつ、いつまでに、どのように製造するか
外注管理
なにを、どこに、いくつ、いつまでに外注(もしくは支給)するか
進捗管理
計画・予定に対して、実際にどこまで進捗しているか
品質管理
品質検査の結果、良品と不良品がそれぞれいくつあるかと、不良品の原因

生産管理が抱える課題と改善方法

以上のように、生産管理は材料の調達から製造、出荷までの全工程を把握し、コストやスケジュール、現場の負荷や在庫調整、クレーム対応まで非常に幅広い業務を含むため、各部署横断的に管理することが求められます。

しかし、実際にはそこまでの管理がうまくできていない会社も少なくありません。生産管理がうまくいっていない会社には、こんな悩みが多く見られます。

  • 管理を各部署がバラバラに管理していて一元化されていない
  • 生産管理が属人化していて、担当者が変わるとうまく引き継げない
  • リアルタイムの在庫管理ができないので、在庫過多・不足に陥りやすい
  • 管理できていないので、万が一のトラブルにスピーディーに対応できない
  • 作業の標準化やノウハウ化ができず、業務を効率化できない

生産管理を行うためには、各業務の担当者が密に連携し、情報を共有しあうことが不可欠です。とはいえ、担当者同士が必要な都度、いちいち連絡を取り合っていては非効率です。

生産管理をスムーズかつスピーディーに実施するには、業務と情報を一元管理できる生産管理システムを導入するのも一つの方法です。

生産管理システム導入による改善事例

生産管理システムを導入して、効率的な生産管理を実現させた企業の例をいくつか紹介します。

川辺農研産業株式会社

  • 事業内容

    農業用・土木用トレンチャー、硬盤破砕・地中深耕用バイブロスーパーソイラー、各種根菜類収穫用オプションアタッチメントなどの製造・販売

生産管理と販売管理を統合した一気通貫型システムを導入したことで、在庫と原価の管理精度が格段にアップ。棚卸資産・過剰在庫が5%削減、売価を適正化し利益率が2%改善。明確な納期回答で顧客への信頼性も向上。

詳しくはこちら

本田工業株式会社

  • 事業内容

    自動車部品・電機工具部品・その他機械部品等のプレス・溶接加工および金型設計・製作、研究開発・試作等

短期スパンの生産計画変更への対応を迫られて、生産管理システムを刷新。生産計画変更への対応が毎日でも可能になるとともに、トレーサビリティーや在庫管理精度も向上。

詳しくはこちら

まとめ

製造業にとって生産管理は、利益に直結する重要課題です。大塚商会では、製造業の問題解決に特化した専門チーム「製造SP」が、生産管理システムの導入にあたっての目的設定から課題の抽出、最適な新業務フローの策定など、パートナーとしてご支援しています。「改善したいけれど、どこから手をつけてよいのかわからない」という方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください

関連するこちらの記事もあわせてご覧ください。

生産管理システムとは

製造業の現場では、納期・在庫・工程・原価など、さまざまな困りごとが生じます。そうした困りごとを解決する一つの手段として「生産管理システム」があり、特に最近では、業務効率化、生産性向上、働き方改革の観点からも注目されています。企業のニーズに合わせた生産管理システムを導入することで、どのような課題をどのような方法で解決できるのか、導入の際のポイントも含めて解説します。

[2019年10月23日公開]

納期管理とは? 生産管理システムによる改善

生産管理とは、モノづくりの現場で行われる生産・製造業務において、品質、原価、納期のQCDを最適化することをいいます。この生産管理に特化したシステムが生産管理システムです。生産管理システムを導入すると、エクセル管理では難しい納期・在庫・工程・原価の四つを統合的かつ総合的に管理ができるようになり、日々の管理業務がスムーズに改善できます。

[2019年12月13日公開]

在庫管理とは? 生産管理システムによる改善

生産管理システムを導入することで、製造業にとって大切な納期・在庫・工程・原価の四つの管理ができるようになります。特に、原材料や半製品、仕掛品などが多く、製品の完成までに時間がかかる製造の現場では、納期管理と共に、在庫をどう管理するかが大きな課題です。

[2020年 2月18日公開]

工程管理とは? 目的や手法、生産管理システム導入のメリット

生産管理システムを導入することで、製造業にとって大切な納期・在庫・工程・原価の四つの管理ができるようになります。中でも工程の管理は、製造の現場で非常に重要なものです。

[2020年 4月 6日公開]

原価管理とは? 目的や製造原価の分類、生産管理システム導入のメリット

原価管理は、企業の利益に直結する重要な業務です。しかし、今も多くの会社でエクセルの原価管理表などで管理しているのが現状です。原価管理を備えた生産管理システムを導入することで、利益を確保できる原価管理が可能になります。

[2020年 5月 7日公開]

他の記事を読む(新着記事)

生産管理システム導入検討・活用ヒント集 全記事一覧

生産管理システムに関するセミナー・展示会情報

開催中のセミナー情報

現在、開催を予定しているセミナーはございません。

生産管理セミナー動画

お役立ち資料ダウンロード

生産管理システム導入事例集

大塚商会のERPソリューションが現場の課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、当社との出会い・活用法、今後の展開など、製造業のお客様の事例を集めました。

ダウンロード資料:PDF・32ページ(6事例)

事例集をダウンロードする

生産革新ファミリー総合カタログ ダウンロード

「生産革新ファミリー」は、製造業における受発注・在庫・品質・原価など、さまざまな生産管理のお悩みを解決し、販売や会計などの基幹業務システムとのデータ連携も実現します。お客様の要望を製品開発に生かした大塚商会オリジナルの生産管理システムで、五つのパッケージシステムにより、全ての製造業に対応します。
ダウンロード資料:PDF・20ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか? お取引実績120万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモ希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00212273