法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED拡散キャップ

LED拡散キャップは、LEDの光を拡散するためにLEDにかぶせるキャップです。一方向にしか光が届かないというLEDの特性をLED拡散キャップによって補正し、前だけではなく横にも光が届くようになります。

読み方:えるいーでぃーかくさんきゃっぷ

LED拡散キャップとは

LEDライトは、そのまま照射するとピンポイントで照射する、ダイレクト照明です。そこに拡散キャップをかぶせることで、光が拡散し、直接的な明かりではなく、全体を照らす照明にすることができます。一方向にしか光が届かないというLEDの特性をLED拡散キャップによって補正し、前だけではなく横にも光が届くようになります。光を拡散する役割をキャップが担っているわけです。

LEDキャップは、光を拡散することが目的であることから、「LED光拡散キャップ」という名称でも販売されています。単価が安い商品であることから、数十個単位でLEDのためのパーツとして販売されています。パーツとして販売されているLEDに取り付けて利用することが主ですが、商品として販売されているLED照明器具のLED部分に取り付けて利用することで、光の方向性を変えることもできます。

LEDキャップは、LEDにダイレクトにかぶせて利用できるよう、LEDのサイズである3mm、5mmなどのサイズが用意されています。色としても白、赤など何色も用意されており、どんな明かりが欲しいのかに合わせて選択することができます。キャップの色によって、明るさや明かりの色にも多少影響があるため、自分が望んでいる明るさや色に合わせてLED拡散キャップを選択するのがよいでしょう。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDパーツの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介