法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電気代比較

60ワットの電球を同等の明るさのLED電球に切り替えた場合、電気代は約90%節約できるとされるという試算があります。また40ワットの蛍光灯との比較でも、同等のLED蛍光灯に切り替えることで、約40%から60%の電気代節約ができます。

LED電気代比較について

ある国産メーカーの試算によると、60ワットの電球を同等の明るさのLED電球に切り替えた場合、電気代は約90%節約できるとされています。また40ワットの蛍光灯との比較でも、同等の照明能力を持つLED蛍光灯に切り替えることで、約40%から60%の電気代節約ができます。近年、LED照明器具の省エネ性能は年々向上してきており、電気代の節約額も上がってきています。人が近づくとスイッチが入る人感センサーなどと併用することで、さらに電気代の節約が可能になります。

このように、一般家庭では白熱電球や蛍光灯からLED電球、LED蛍光灯への切り替えによって電気代の節約が実現できますが、ビル設備などで使う非常灯など特殊な照明などでも大きな効果が期待できます。従来型の非常灯と比較してLEDを導入した非常灯では、約70%から90%の電気代が節約できます。非常灯にはLEDのみの光源を使用することは法律で認められていませんが、非常時は蛍光灯やハロゲンランプを使い、平常時ではLED電球を使用するものが開発されて導入が進んでいます。

また、自治体が管理する街路灯や防犯灯なども、LED電球、LED蛍光灯への切り替えによって電気代を約30%節約ができたという報告があります。街路灯や防犯灯の電気代を節約できることは、さらに街路灯や防犯灯を増やし安全確保も強化することにもつながります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介