法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの美容効果・美肌効果・エステ効果

LEDの光を肌に照射することで美肌効果を期待できるLED美顔器など、美容分野でもLEDが活用されるようになってきました。LEDの光は肌に有害な紫外線を含まないことから、肌にダメージを与えることなく血行をよくすることをも期待できるとされています。

LEDの美容効果・美肌効果・エステ効果とは

美容分野においても、LEDが活用されるようになってきました。例えば、LEDの光を肌に照射することで美肌効果が期待できるLED美顔器といったものです。もともと美容の世界では、光照射エステというものがあり、光を肌に当てることで肌の血行をよくしたり細胞の代謝を活性化したりして、肌の弾力やハリを取り戻すだけでなく、透明感や肌のキメへの効果を期待されています。LED美顔器は、この光照射エステのLED版で、その多くは発光色の異なるLED素子を複数平面に並べて照射する構造となっています。また、LEDの光は肌に有害な紫外線を含まないことから、肌にダメージを与えることなく血行をよくすることをも期待できるとされています。

LEDは、光の種類によって肌に対する効果が違うとされており、赤や近赤外線は肌の弾力を向上し、黄色はメラニンの排出、緑色は肌の透明感を向上、青は殺菌効果でニキビ対策になるといわれています。LEDがこの分野に活用されるようになったのは、LEDの発する光は、紫外線を含まないことから、従来機器に設置する必要があったUVカットフィルターを使わずに済むことや、発熱量が少なく省電力が可能であるからです。小型の装置ではバッテリーを内蔵した充電式のものもあり、持ち運びが簡単にできるような製品も開発されています。

LEDに限らず、光照射エステの効果は施術される人によって差があるとされていますが、人体に有害な波長の光を含まないLEDは、安全性の面からも美容の分野でその活用の幅を広げています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

いま知っておきたい「照明の2020問題」に関する情報はこちらから

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わることが予想されます。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な助成金・補助金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介