法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・照明の点滅故障の原因

LED電球・照明の点滅故障の原因として考えられるのは、まず、電球内部に組み込まれている電子回路やそのほかのパッケージ部品の劣化によって通電が不安定になっているケースです。また、買ったばかりなのに点滅するのは、調光機能との相性や整流器の問題が考えられます。

LED電球・照明の点滅故障の原因とは

LED電球・照明の点滅故障の原因として考えられるのは、まず、電球内部に組み込まれている電子回路やそのほかのパッケージ部品の劣化によって通電が不安定になっているケースです。LED電球の発光部分であるLEDチップそのものの劣化で点滅を繰り返すことはほとんどありません。ただ、LEDチップは電流を流すことで点灯しますので電流が流れたり、流れなかったりする状態になると、当然点滅してしまいます。

上記の点滅の原因は、主に長期間使用しているときに発生するものですが、買ったばかりなのに点滅をする、というケースもあります。これは調光機能のついたスイッチで操作する照明器具に専用の自動調光機能のついたLED電球を取り付けた場合に発生することが多いようです。左右に回すことで明るさの調整ができるスイッチ器具がある照明器具に、製品内部に専用調光機能の回路が組み込まれたLED電球を取り付けると、最大光量の設定にしているときは問題なく点灯するのに、スイッチで光量を少なくすると点滅することがあります。これは、照明器具側の調光機能とLED電球の調光機能がバッティングするという、二重調光によって発生します。こうしたことの起こらないよう、LED電球を買い求める際は、取り付ける照明器具に調光機能がついているかどうかを確認してから、適切なLED電球はどれなのかを店頭などで選ぶようにしましょう。

このほか、買ったばかりのLED電球が点滅する原因として、店舗や施設などで使用する際、一括して電源施設側で整流機能を持たせていて、その整流器に問題があるケースがあります。LED電球は直流の電流によって発光します。交流電源で使用する場合、交流を直流に整流器で変換してから電球に電気を流します。一般のLED電球は内部にこの変換器が組み込まれているので整流器などを外部に設置することはありませんが、大量のLED電球をビル施設で点灯させる場合、整流器を介して通電させることがあります。このような環境でLED電球を使用して、点滅を繰り返す場合は電球そのものだけでなく、電気施設にも問題がないかを確認するようにしましょう。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介