法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの経理処理・法定耐用年数

LED照明器具に取り替えた場合、税務上負担費用をどのように処理するかは悩ましい問題です。修繕費として計上し一時損金として必要経費とするのが一般的ですが、大規模工事が伴った場合には資本的支出として解釈されることもあるでしょう。

LEDの経理処理・法定耐用年数について

アパートなどの住宅や工場、事務所などにおいて、従来の照明器具から、LED照明器具に取り替えた場合、それを負担した会社が税務上負担費用をどのように処理するかは悩ましい問題です。修繕費として計上すれば、一時損金として必要経費となりますが、資本的支出として解釈されると全額をその年の必要経費に算入することができなくなり、減価償却によって必要経費を計算しなくてはなりません。

国税庁は、ホームページ上で、平成25年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成された記述として、「自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えた場合の取替費用の取扱いについて」というページを設け、事務室の蛍光灯100本すべてを蛍光灯型LEDランプに取り替えたケースについて説明しています。このケースは、建物の天井の工事は行われておらず、蛍光灯型LEDランプの購入費用は、1本1万円、取り付け工事費は総額110万円というものです。このケースについて国税庁は、取り替え費用については修繕費として差し支えないとしています。

資本的支出と解釈されるのは、会社の持つ固定資産価値を高めた場合です。従来の蛍光灯からLED照明器具に取り替えた場合、LEDの寿命の長さや低消費電力という性能メリットなどから「資産価値を高めた」という解釈が成り立つのではないかということで、悩ましい問題となるわけです。しかし、当該ページで挙げたケースでは、照明設備の一部であるLED照明器具への切り換えだけなので、それを持って「建物附属設備として価値等が高まったとまではいえないと考えられますので、修繕費として処理することが相当です」としています。ただし、大規模な工事が伴った場合についても、これが該当するかどうかは判断の分かれるところです。

また、減価償却の期間算定には法律で定められた法定耐用年数というものがあり、照明器具のそれは15年と定められています。これは一般にメーカーがLED照明器具の耐用年数としている10年という数字とは別のものですので注意しましょう。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

いますぐLED照明をご購入するなら、通販(たのめーる)はいかがでしょうか?

いま知っておきたい「照明の2020問題」に関する情報はこちらから

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わることが予想されます。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介