法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED照明の工事

一般の家庭や事務所、工場、店舗などで使われている蛍光灯による照明器具に、直管形LEDなどを付け替える場合の多くは簡単な工事が必要になるため、専門業者に相談することをお勧めします。

LED照明の工事について

スタンドライトなど小型の照明器具の場合、従来の電球から市販のLED電球を付け替えるだけで問題はありません。しかし、一般の家庭や事務所、工場、店舗などで使われている蛍光灯による照明器具に、直管形(従来の蛍光灯に似た、長細い管の形状)LEDを付け替える場合の多くは簡単な工事が必要になります。

蛍光灯設備には、さまざまな点灯方式があり、グロー球や安定器といった器具が内部に備わっています。この設備にそのままLED蛍光灯を付け替えることはできません。「工事不要」をうたって従来の蛍光灯設備にそのままはめて使えるLED蛍光灯が販売されていますが、安定器などの既存器具の配線を切らずに使うことになり、通電しながらこれらが劣化することでLED本来の省電力性能を損なう結果になりかねません。また、劣化が進むことで火災の原因にもなり、LED蛍光灯への切り替えには、安心できる業者の意見を聞くことをお勧めします。その際は、工事の内容、必要性を明確に説明できる業者を選びましょう。

このほか、天井に設置するシーリングライトなどでも、工事が必要になるケースがあります。これは、「引掛シーリング」といういわゆるソケットのような器具がついていないケースです。引掛シーリングがついていれば、市販のLEDシーリングライトをそのまま取り付けるとは可能ですが、ない場合は別途取り付け工事が必要になります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介