法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・LED蛍光灯の明るさ(ルーメン)比較

LED電球の明るさを示す数字は、「ルーメン(lm)」という数値で記されます。従来の電球40ワット相当のLED電球は485ルーメンです。同じく40ワット相当のLED蛍光灯は2,250ルーメンとなります。

LED電球・LED蛍光灯の明るさ(ルーメン)比較

LED電球の明るさを示す数字は、「ルーメン(lm)」という数値で記されます。日本電球工業会がルールを設定し、LED電球の明るさを光の量、全光束の単位であるルーメン(lm)の表示を業界全体で徹底することになりました。

定まっていなかった明るさの基準

LED電球が市場に出始めたころは、明るさを表す基準が定められていませんでした。基準は各メーカーが独自に定め、商品のパッケージに書かれている明るさの目安も、電球の真下の明るさだけをもとにしたり、代表的な照明器具に取り付けた場合の明るさだけを示したりといった状態でした。このため、パッケージに「40ワット相当」と表記されているLED製品を従来の電球に替えて付けたとき、以前より暗い、という印象を持つ利用者もいました。

LEDの明るさの基準「ルーメン」

日本電球工業会が「光の量、全光束の単位である“ルーメン(lm)”の表示を徹底しよう」とルール化したことにより、「真下の明るさは60ワット相当」といったあいまいな表現で明るさを説明するのではなく、ルーメンという、取り付ける器具や照らし方の影響も受けず、絶対的な明るさが表現できるようになりました。

光の量ということでは、LED蛍光灯は横にLED素子を複数並べているため、ルーメンの値はLED電球より高くなります。従来の電球40ワット相当のLED電球は485ルーメンです。同じく40ワット相当のLED蛍光灯は2,250ルーメンとなります。従来の照明器具の明るさを示すワットは新しい単位ルーメンと計測する方法が違うため単純に換算はできませんが、従来のワット数の明るさでいうとどれくらいの明るさなのかを消費者に理解しやすくするため、「相当」という言葉で説明しています。日本電球工業会は、「白熱電球40ワット相当」をうたう場合は、全光束が485ルーメン以上、「白熱電球60ワット相当」をうたう場合は、全光束が810ルーメン以上というルールを定めています。

光束は低くても、機器の工夫でカバー

一般に、従来の40ワット蛍光灯の明るさを計測し直し、ルーメンで表すと2,600~2,700ルーメンとなります。つまり、40ワット相当といわれるLED蛍光灯は2250ルーメンなので、同じ40ワットの蛍光灯よりも暗いのではないかと考えられがちです。しかし、LEDは光を照射する方向が下方向に向かう度合いが従来の蛍光灯よりも強く、反射板などを利用してその特性をより高めることで遜色のない明るさを示すことができます。このように明るさを表すルールを定めたうえで、機器の工夫などで明るさの不足をカバーし、利用者の満足度を上げるよう、各メーカーは現在も努力し続けています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介