法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED照明基板・LEDユニット

LED照明基板は、LED照明を制作するためのベースとなる基板です。LED照明基板の素材として何を選択するのかで照明としての寿命が変わってきます。LEDユニットは、LEDモジュールと電源などを組み合わせたもの指します。

読み方:えるいーでぃーしょうめいきばん・えるいーでぃーゆにっと

LED照明基板・LEDユニットとは

LED照明基板は、LED照明のベースとなる重要な部品です。LED照明、LED電球の性能を決める重要な部材となります。LEDは熱に弱いという特性があるため、LED照明基板の素材として何を選択するのかで照明としての寿命が変わってきます。LEDからの発熱を効率よく放熱するような素材を基板用金属として利用する必要があります。また、選択する基板によって価格に影響を及ぼします。コストと性能に見合った素材を基板として採用する必要があります。

照明用のLEDパッケージを基板に実装したものや、複数のLEDを配置したものと、電気制御回路などで構成し、一つのユニットとして扱えるようにしたものを、LEDモジュールといいます。LED照明やLED電球には、このLEDモジュールが組み込まれています。照明によってモジュールの数は異なります。数個のモジュールを搭載したものもあれば、数十個のモジュールを搭載したLED照明もあります。

LED電球ではなく、LEDモジュールと電源などを組み合わせたものをLEDユニットと呼ぶことがあります。電球同様、LEDの寿命が終わった時には照明器具全体ではなく、LEDユニットだけを交換できる照明器具もあります。LED電球と同じような感覚で利用することができますが、LEDユニットに搭載されたLEDモジュールの数などは一定ではありません。家電店で簡単に購入できるわけではなく、照明器具を提供するメーカーが提供するものを購入する必要があります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.3

LEDパーツの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介