法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

あかるい税制活用
第5回 減価償却資産の交換

経営者の中には、減価償却が終わってない理由で買い控えしている方がいらっしゃいます。気持ちを汲むことはできます。が、これは見当違いです。今回はその理由をご説明しましょう。

そもそも減価償却とは

まずは減価償却とは何かを理解する必要があります。減価償却とは会計上のテクニックの一つです。といっても難しいことではありません。例えば、5年間使える100万円の機械を購入したとします。この機械を使うと5年間、毎年50万円を売り上げることができます。

ここで通常の経費のように100万円を支払って、機械を買った時の費用となるとします。この場合、最初の年は50万円の赤字、2年目から5年目までは50万円の黒字になります。同じ機械を使って同じ売上を上げているのに、年によって利益が変わるのはいかにも変です。

そのため減価償却の考え方が出てきます。100万円の機械が5年間同じように使えるのであれば、100万円の費用を5年に割り振ろうというのが減価償却です。100万円の費用を5年で均等に割り振ると年間の費用は20万円になり、毎年の利益は5年間ずっと30万円になり、利益の出方が現実に近くなっています。減価償却はこのように長く使える資産を購入した時に、その資産が使える期間にわたって購入した費用を割り当てる役目を担っています。

減価償却中の資産を買い替えるとどうなるか

減価償却の意味についてはお分かりいただけたと思います。ここで減価償却途中の資産を買い替えるとどうなるでしょうか。

先ほどの例で3年経過したところで、もっとよい機械に買い替えたとします。100万円で購入した機械は3年しか使っていないので、残りの2年分となる20万円×2年=40万円の減価償却費は、今後計上できません。これはもったいないと思うかもしれませんが、安心してください。買い替えに伴い、廃棄した場合はその40万円が除却損という費用になります。また、例えば5万円で下取りに出した場合であれば、40万円-5万円=35万円が売却損となり費用計上されます。

つまり、減価償却されなかった部分もその資産を処分すれば必ず費用となる仕組みになっています。減価償却中のものを買い替えても、将来、減価償却費となるはずだったものは処分した時の費用となるので、減価償却中だからといって買い替えを控えるのは会計的には意味がないということです。

第1回であった照明器具を変えずに、蛍光灯からLED照明に取り替え工事をした場合は、固定資産の修理、維持管理のために要したと認められる部分の金額が減価償却中でも修繕費として計上できます。

第1回 LED工事はその年の費用? 資産計上?

著者紹介

公認会計士・税理士
税理士法人ファーストライン 代表社員
増田 卓也(ますだ たくや)

大手監査法人にて、金融機関・外資系金融機関、製造業などの会計監査に従事した後、税理士法人ファーストライン代表社員に就任。現在、金融機関の会計監査の経験を生かし、中小企業や個人事業者を対象とした税務顧問、資金繰り改善支援、経営支援に従事している。

あかるい税制活用 コラム一覧

  • 第1回 LED工事はその年の費用? 資産計上?

    蛍光灯からLED照明に取り替え工事をした場合、LED照明への取り替え費用は税務上どのような取り扱いになるでしょうか?

  • 第2回 設備投資はリースと買い取りどっちがよい?

    意外に分かっていないリースと買い取りの違い。そのもの自体の違いは分かっていても税務対策はどう違うのかまで分かっていないのが実情。今回はそこをきちんと解説していただきます。

  • 第3回 設備投資でお得な税制

    優遇税制は製造業が中心だとお考えではありませんか? 知られていないことも多く、さまざまな業種に優遇税制があります。コラムを参考に、顧問税理士に相談してみましょう。

  • 第4回 補助金の活用

    補助金にはさまざまな種類があります。誰もがもらえるものや、厳しい審査、そのあとの報告義務などがあるものもあります。補助金の仕組みや導入後のことも検討する必要があるでしょう。

  • 第5回 減価償却資産の交換

    経営者の中には、減価償却が終わってない理由で買い控えしている方がいらっしゃいます。気持ちを汲むことはできます。が、これは見当違いです。今回はその理由をご説明しましょう。

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介