法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの演色性(Ra)

演色性とは、照明で物体を照らすときに、自然光が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標で、平均演色評価数(Ra)を使って表すのが一般的です。Ra100は、自然光が当たったときと同様の色を再現していることを意味します。

読み方:えるいーでぃーのえんしょくせい

LEDの演色性(Ra)とは

演色性とは、照明で物体を照らすときに、自然光が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標です。平均演色評価数(Ra)を使って表すのが一般的です。白色LEDが開発され、さまざまなLED照明器具やLED電球が普及されるに従って、LEDの演色性について注目されるようになりました。Ra100は、自然光が当たったときと同様の色を再現している、ということになります。

LED電球・LED蛍光灯などのLED照明用製品に、演色性の評価について記載しているものが増えてきました。明かりの質に関する消費者の意識が高くなっていることが背景になっています。白色LEDは開発当初演色性について低い評価をされることがありましたが、その後すぐに改良製品が開発され、今ではRa85やRa90以上の製品が販売されています。一般的な蛍光灯のRaは60程度ですので、LEDは質の高い照明環境を作るという意味でも高い能力を持っていると言えます。

Raは、JISが定める方法によって算出されます。このとき、七つの試験色というものを使って結果を求めていきます。Raは照明器具を評価するうえで大切な指標ではありますが、照明設計する場所によってはRaよりも光量が優先される場合なども出てきます。一般家庭ではRa80以上の照明器具を使うことが推奨されていますが、自動車のヘッドライトなどでは明るく照らすことのほうが重視されるというように、LEDにおいても、TPOに合わせた選択が求められます。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介