法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの材料

LED照明器具やLED電球などに使われるLEDの材料は半導体です。半導体は元素などを化合させて作られ、化合の仕方によって電気の通し方が変わり発光色に違いが生じます。この電気の通し方の違いによって、赤、緑、青などの発光色の違いが生じてきます。

読み方:えるいーでぃーのざいりょう

LEDの材料について

LEDの材料は半導体です。半導体の種類によってLEDが発光する色が変わってきます。半導体はさまざまな元素などを化合させて作られ、化合の仕方によって電気の通し方が変わってきます。この電気の通し方の違いによって発光色の違いが生じてきます。LEDが開発された当初は、赤色に発光する半導体しか分かっていませんでしたが、研究者の努力でその後、緑色、青色に発光する材料が開発され、色の三原色がそろい、LEDによるカラー表現が可能になりました。

半導体の電気の通し方の違いは、半導体ごとに持っている電流を流せる電圧の違いです。物質には「電子が自由に動けない価電子帯」と「電子が自由に動ける伝導帯」があり、価電子帯と伝導体の間が離れていると電気を通しにくくなり、近づいていると電気を通しやすくなります。この間隔は物質によって違っており、バンドギャップと呼ばれています。例えば鉄はバンドギャップが小さく電気を通しやすい、一方プラスチックなどはバンドギャップが大きく電気を通しにくいということになります。バンドギャップが大きいほど、電流を通すために大きな電圧が必要となります。

LED照明器具やLED電球などに使われるLEDの材料である半導体は、発光色ごとにバンドギャップが違います。1990年代までにさまざまな発光色の半導体材料が開発されましたが、青色に発光する材料はなかなか開発できませんでした。しかし1993年に日本の研究者によって主に窒化ガリウム(GaN)を材料に利用して青色発光ダイオードが開発されました。その後、青色や紫外線に発光するLEDと蛍光体を組み合わせ、白色に変化させて発光するLEDも開発されました。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

いま知っておきたい「照明の2020問題」に関する情報はこちらから

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わることが予想されます。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介