法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED野外用照明・LED屋外用照明

LED野外用照明・LED屋外用照明には、防犯としての役割と、住宅の印象を決める住宅を彩る役割の二つがあります。雨を受けることもありますから、防雨型であることも重要です。

読み方:えるいーでぃーやがいようしょうめい・えるいーでぃーおくがいようしょうめい

LED野外用照明・LED屋外用照明について

屋外照明は、まず雨に濡れても大丈夫な防雨型であることが求められます。さらに、防犯用、外からその住宅を印象づける家を彩る役割の照明としてなど、複数の要素が必要になります。LED電球には防雨型のものが登場しており、こうした製品を選択すれば屋外でも利用できます。センサー機能を持った照明器具を設置すれば、人が来た時のみ照明が自動的に明るくなることも可能で、セキュリティ、省エネルギーから考えてメリットがあります。

防犯という面から見たLED野外用照明・LED屋外用照明は、外から見通しが悪い部分を明るくすることで、不審者が入り込みにくい状態にする役割を持っています。また、定時に照明が点灯するようにセッティングしておくことで、不在時にも外からは不在であることを分からないようにすることや、人感センサー機能付き照明を選択することで、人が立ち入った時に明らかにするといったこともできます。最新機能を上手に活用することで、野外用・屋外用の照明器具は防犯の大きな武器になります。

LED野外用照明・LED屋外用照明は、家の印象を決める役割も持っています。周辺環境との相性にも配慮しながら、外から見て好印象となる明かりにしなければなりません。LED照明の色を利用して、自身が好む印象の家として演出することができます。また、昼間は照明がついていない状態で照明器具が人の目に触れることになりますので、人の目に触れても違和感のないデザインの照明器具を選択することも重要です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介