法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDスペクトル分布

LEDのスペクトル分布は、特定の色だけにピークを示します。自然光に近いスペクトルを再現するには、異なる色のLEDや光を当てると発光する蛍光材を用います。

読み方:えるいーでぃーのすぺくとるぶんぷ

LEDのスペクトル分布について

可視光線をプリズム(分光器)に通すと、波長の短い紫色から波長の長い赤色まで、虹のような色の光に分かれます。これをスペクトルと言います。自然光(太陽光)の場合、紫色から赤色までに分かれたスペクトル分布に大きな起伏はありません。しかし、照明から発せられる可視光線は、一部の波長に光が片寄る傾向があります。自然光と照明とでは色の見え方が異なるのはこのためです。

一般的な蛍光灯(昼光色)のスペクトル分布は、スペクトルのほぼ中間に位置する黄緑色の付近を最高に、青紫色や橙(だいだい)色、黄色などに複数のピークがある複雑な起伏になっています。この起伏により、自然光に比べて色の見え方にムラが生じます。一方、LEDのスペクトル分布は、特定の色だけに鋭いピークを示します。これは、LEDが単色しか発光しないことが理由です。例えば、LED照明で使われる白色LEDのスペクトル分布を見てみると、青色だけに鋭いピークがあります。これは白色LEDに青色LEDが利用されているからです。

このような特性のLEDで自然光に近いスペクトルを再現するには、異なる色のLEDや光を当てると発光する蛍光材を用います。白色LEDのスペクトル分布を見ると緑色から赤色にかけて緩やかな山の起伏がありますが、これが白色LEDに使われている蛍光材によるものです。LEDはこのようにして白色を実現しています。複数のピークがあって複雑な起伏のスペクトル分布の蛍光灯に比べると、白色LEDの方がムラのない曲線になっており、これが自然光に近い色を再現すると言われる理由です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介