法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED通信(可視光通信)

LED通信は、人の目に見える可視光線帯域の電磁波を用いて無線通信を行う技術です。

読み方:えるいーでぃーつうしん(かしこうつうしん)

LED通信(可視光通信)とは

LED通信とは、LEDを活用し人の目に見える可視光線帯域の電磁波で無線通信を行う技術です。LEDの技術は日進月歩で進んでおり、超寿命・小型・軽量・高輝度の製品が開発されています。LED通信(可視光通信)では、LEDが発する光が届く範囲で通信が可能になるため、一般に使われているLED照明を通信手段として流用することを可能にします。

LED通信(可視光通信)は、生体に影響がなく安全で、なおかつ電磁波などによる他の機器への悪影響もありません。また、設備を整えれば、専門知識がなくとも直感的に利用できます。また、光を遮断することで通信範囲を限定することも可能で、混線などの障害が起きにくいという利点もあります。

LED通信(可視光通信)の用途としては、生活に根ざした身近な短距離での通信から、衛星通信といった宇宙分野まで幅広い領域での活用の可能性が考えられています。例えば、水中でコミュニケーションを行ったり、公共施設や企業のLED照明器具から位置情報や広告を発信したりするなど、よりコミュニケーションやインフォメーションを円滑にするための活用方法が広がっていく可能性があります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介