法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDとレーザーの違い

レーザーは、光を発生・増幅させる発振器を用いて人工的に作られた光、またはそれを実現する装置を指します。LEDと比較されることが多いのは、同じく半導体の光である半導体レーザーです。

読み方:えるいーでぃーとれーざーのちがい

LEDとレーザーの違いについて

レーザーは、「輻射(ふくしゃ)の誘導放出による光の増幅」を意味する、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字から名付けられたもので、光を発生・増幅させる発振器を用いて人工的に作られた光、またはそれを実現する装置を指します。スペクトル幅が狭い短波長(単色)の波長や位相がそろった指向性が高い光の集まりであり、光の広がりが少なくエネルギーを制御しやすいという特徴があります。

レーザーには、炭酸ガスやヘリウム・ネオンなどを媒質とした気体レーザー、エルビウムやイットリウム、アルミニウムなどの金属化合物を媒質とした固体レーザー、半導体を媒質とした半導体レーザーなどの種類があります。LEDと比較されることが多いのは、同じく半導体の光である半導体レーザーです。

半導体レーザーとは、レーザー発振の条件を満たしたLEDのことで、LD (Laser Diode)と略されます。半導体を流れる電流エネルギーによって発光するなどの共通点が多く、両者はほとんど同じ回路を利用できます。ただし、LDからの光はレーザーであるため、LEDの発光のように波長や振幅にバラつきはありません。光の出力方向にも違いがあり、LEDの光がある程度の広がりを持っているのに対し、LDの光は共振器内を何度も往復して細いビーム状になって放射されます。

LEDとレーザーは、用途も異なります。LEDはそのほとんどが照明用、または情報機器用の光源として使われているのに対し、レーザーはその指向性の高さと制御しやすいという特長から、情報機器はもちろん、医療機器、工業加工装置、軍事機器など、幅広い分野で利用されています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介