法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの高輝度

輝度は光の明るさを示す指標で、光源そのものの明るさに加え、鏡面などの反射光やレンズなどの透過光といった副次的な光源も含めた平面から発せられる光の明るさを示します。LED照明を高輝度化するために、LEDの変換効率の向上や、光を効率良く外部に取り出す技術が開発されています。

読み方:えるいーでぃーのこうきど

LEDの高輝度とは

輝度とは、光源そのものの明るさに加え、鏡面などの反射光やレンズなどの透過光といった副次的な光源も含めた平面から発せられる光の明るさを示す指標です。国際単位系(SI=The International System of Units)では、「1平方メートルの平面光源の光度が、その平面と垂直な方向において1カンデラであるときの輝度」が「1カンデラ毎平方メートル(cd/m2)」と定義されています。

LEDが照明として利用されるようになってから、LEDメーカーは製品の高輝度化を進めてきました。LEDを高輝度化するにあたっては、LEDの変換効率を向上させたり、放射された光を効率良く外部に取り出したりする技術が開発されています。例えば、初期のLEDは裏面方向に放射される光が基板に吸収されて損失するという構造でしたが、現在はLEDの表面や側面に凹凸加工を施して光を有効的に取り出せる構造に変更されています。

このような技術革新によってLEDの高輝度化が進んだことで、LED照明の応用範囲は広まりました。その一つが自動車への適用です。長寿命で低消費電力、小型でデザイン性に優れたLEDが高輝度化されたことにより、夜間の視認性が重視されるヘッドライトとしても利用できるようになりました。白熱電球に比べて点灯速度が早いため、ストップランプにLEDを採用することで後続車の制動距離を短縮するという効果も得られています。自動車以外では、水銀灯の代替としての表示灯やネオンサイン、LEDストロボのような強い光が必要な分野で高輝度LEDが導入され始めています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

いま知っておきたい「LED照明の先送り問題」に関する情報はこちらから

政府の省エネ推進や国際条約である「水俣条約」。大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀灯の生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わりました。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをおすすめします。

2021年、LED照明の先送り問題とは

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー