法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・LED照明の種類

LED電球・LED照明には、これまで一般的に普及してきた白熱電球、蛍光灯、水銀灯など、あらゆる電球・照明器具の代替として数多くの種類があります。いまや「明かり」に関するあらゆる場面で、LEDが使われています。

読み方:えるいーでぃーでんきゅう・えるいーでぃーしょうめいのしゅるい

LED電球・LED照明の種類について

LED電球・LED照明には、数多くの種類があります。これまで一般的に普及してきた白熱電球、蛍光灯、水銀灯など、あらゆる電球・照明器具の代替としてLED電球・LED照明が用意されています。

照明器具として最も一般的なのは、白熱電球と同じ形状の口金(E26口金)を備えた一般電球形のLED電球です。一般電球形の白熱電球には透明なガラスのクリア電球と、すりガラス・くもりガラスのシリカ電球の2種類がありますが、これはLED電球でも同じです。さらに、ボール形などの形状もあります。ダウンライトなどに用いられる小型の口金(E17口金)を備えた小型電球形のLED電球にも豊富な種類が用意されています。

蛍光灯に取り付ける蛍光管の代替品としても、オフィスで多く利用されている40形、一般家庭で利用されている20形や丸型まで、さまざまな形状があります。このほか、ビルなどの施設や屋外で利用される照明も、そのほとんどがLED電球・LED照明と交換可能なほど、豊富な種類があります。

LED電球・LED照明の大きな特徴の一つに、形状を加工しやすいことが挙げられます。例えば、家庭用照明として多く利用されているシーリングライトの場合、従来製品は2~3本の大きさが異なる丸型蛍光管を取り付けるものでしたが、LEDシーリングライトには多数のLEDチップが照明器具全体に埋め込まれています。加工しやすいため、ビルの内装では特殊なデザインの照明にLEDが使われるケースも少なくありません。

さらに、懐中電灯、自動車用の各種ランプ、液晶ディスプレイのバックライト、信号機、誘導灯など「明かり」に関するありとあらゆる場面でLEDが使われています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

いま知っておきたい「LED照明の先送り問題」に関する情報はこちらから

政府の省エネ推進や国際条約である「水俣条約」。大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀灯の生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わりました。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをおすすめします。

2021年、LED照明の先送り問題とは

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー