法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・LED照明の種類

LED電球・LED照明には、これまで一般的に普及してきた白熱電球、蛍光灯、水銀灯など、あらゆる電球・照明器具の代替として数多くの種類があります。いまや「明かり」に関するあらゆる場面で、LEDが使われています。

読み方:えるいーでぃーでんきゅう・えるいーでぃーしょうめいのしゅるい

LED電球・LED照明の種類について

LED電球・LED照明には、数多くの種類があります。これまで一般的に普及してきた白熱電球、蛍光灯、水銀灯など、あらゆる電球・照明器具の代替としてLED電球・LED照明が用意されています。

照明器具として最も一般的なのは、白熱電球と同じ形状の口金(E26口金)を備えた一般電球形のLED電球です。一般電球形の白熱電球には透明なガラスのクリア電球と、すりガラス・くもりガラスのシリカ電球の2種類がありますが、これはLED電球でも同じです。さらに、ボール形などの形状もあります。ダウンライトなどに用いられる小型の口金(E17口金)を備えた小型電球形のLED電球にも豊富な種類が用意されています。

蛍光灯に取り付ける蛍光管の代替品としても、オフィスで多く利用されている40形、一般家庭で利用されている20形や丸型まで、さまざまな形状があります。このほか、ビルなどの施設や屋外で利用される照明も、そのほとんどがLED電球・LED照明と交換可能なほど、豊富な種類があります。

LED電球・LED照明の大きな特徴の一つに、形状を加工しやすいことが挙げられます。例えば、家庭用照明として多く利用されているシーリングライトの場合、従来製品は2~3本の大きさが異なる丸型蛍光管を取り付けるものでしたが、LEDシーリングライトには多数のLEDチップが照明器具全体に埋め込まれています。加工しやすいため、ビルの内装では特殊なデザインの照明にLEDが使われるケースも少なくありません。

さらに、懐中電灯、自動車用の各種ランプ、液晶ディスプレイのバックライト、信号機、誘導灯など「明かり」に関するありとあらゆる場面でLEDが使われています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介