組立業 記事一覧

生産管理システムの導入で失敗しないためには、自社の業種・業態に合ったシステムを選ぶことが重要です。ここでは、複数の部品をもとに製品を組み立てる「組立業(製造業)」に関する記事をご紹介します。

おすすめ記事

生産管理システム導入で失敗しないためのポイント<組立業編>

生産管理システムの導入で失敗しないためには、自社の業種・業態に合ったシステムを選ぶことが重要です。一言で製造業向け生産管理システムといっても、業種・業態によって管理のポイントは大きく異なり、自社の業態に合わないシステムを導入してしまうと、思ったような効果が得られません。

[2020年 6月18日公開]

記事一覧

生産管理システム導入までの流れ<稼働編>

製造業の生産性を高め、業務改善に役立つ生産管理システムに失敗しないためには、検討・導入・稼働の三つのフェーズごとにポイントを押さえておきましょう。今回は、稼働フェーズを成功させるコツを事例とあわせてご紹介します。

[2021年10月15日公開]

生産管理システム導入までの流れ<導入編>

日々の業務改善、生産性向上を考えたとき、選択肢の一つに挙がるのが生産管理システムです。うまく導入することができれば期待される成果を達成できます。生産管理システムの導入に失敗しないためにも、検討・導入・稼働の三つのフェーズごとにポイントを押さえておきましょう。今回は、導入フェーズで行うFIT & GAP分析や並行稼働のポイントをご紹介します。

[2021年 9月16日公開]

生産管理システム導入までの流れ<検討編>

製造業の生産性を高め、業務改善のツールとして役立つ生産管理システム。目的を明確にして、うまく導入できれば大きな成果を達成できますが、しっかり考えて導入しないと失敗してしまうことも。生産管理システムを導入するまでには、検討・導入・稼働の大きく三つのフェーズがあり、それぞれ大切なポイントがあります。今回は、検討フェーズのポイントをご紹介します。

[2021年 8月11日公開]

製造業の購買業務の課題とは? クラウドサービスを活用した業務改善

ものづくりの現場に欠かせない業務の一つが購買業務です。購買業務の見直しには、業務改革やDX推進も欠かせません。なんとなく工場ごと、事業部ごとに独自のルールで受発注していると、思わぬトラブルを招くことになります。

[2021年 5月10日公開]

ナレッジマネジメントを目的とした文書管理システム活用とは

ものづくりを行う製造業の現場には、図面、手順書、指示書など、さまざまな文書があります。長年のノウハウや経験、知識が明文化された文書は、まさに貴重なナレッジであり、知的財産ですから、知的資産として企業内で共有し、全社的に活用することが求められます。そのためには、ナレッジマネジメントという観点から文書管理を行うことが重要です。

[2021年 4月 5日公開]

技術伝承のコツを押さえて、製造業の現場を改善

ものづくりの現場で長年の課題になっているのが人手不足です。限られた人数で効率よく作業を進め、生産性を高めていかなくてはなりません。製造業でもDXが重要なキーワードになってきていますが、デジタル活用とともに製造現場でのムリ・ムダ・ムラをなくして作業を標準化し、次世代に技術伝承を行うことが、今後ますます求められます。

[2021年 3月12日公開]

製造業でもテレワークできる業務とは? RPA活用による業務改善

人手不足が深刻化し、withコロナ・アフターコロナの時代の中、中堅・中小製造業における働き方は大きく変わってきています。特に注目したいのは、DXに代表されるデジタル革新。大企業だけでなく中堅・中小製造業でも、デジタル技術の活用によるビジネスそのものの見直しが重要課題になってきました。製造業では難しいと思われがちなテレワークもその一つ。実際には製造業でもテレワーク可能な業務はあり、さまざまな創意工夫をしながら各企業で導入が進んでいます。

[2021年 2月25日公開]

ものづくりDXを推進! 製造業におけるグループウェア活用とは

withコロナやアフターコロナ、ものづくりDXに向けて、「グループウェア」は中堅・中小製造業が活用すべきITツールです。グループウェアを導入することで、チームメンバーが互いに離れたところにいても、いつでも企業内の情報をスムーズに共有することができます。

[2021年 1月18日公開]

製造業向けIoT活用術! 生産管理システム導入で工場・業務・経営を「見える化」

モノのインターネットと呼ばれるIoTは年々実用化が進み、製造業でも活用する会社が増えてきました。激動の時代に求められるIoT化は、大企業だけでなく中堅・中小企業にとっても重要な戦略です。製造業における理想のIoTとはどのようなものなのでしょうか? 生産管理システムと合わせて導入することのメリットと失敗しないためのポイントについて解説します。

[2020年12月22日公開]

BOMとは? 流用化・標準化設計を実現するBOM構築のススメ

今、製造業の現場ではBOMの重要性があらためて注目されています。「生産管理システム導入で失敗しないためのポイント<組立業編>」で触れたBOMについて詳しく紹介します。

[2020年11月11日公開]

【緊急特集】中堅・中小製造業がwithコロナ、アフターコロナに向けて今後対応すべきこと

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、さまざまな業界に大きな影響を与えています。製造業も例外ではありません。先の見通しが立ちにくい中、大きな不安を抱えている経営者も多いことでしょう。第2波、第3波が来ると予測されている今、大切なのはいかに新型コロナと共存しながら事業継続をはかっていくか、新型コロナ後の影響を見据えて経営戦略を立てるかです。中堅・中小製造業がwithコロナ、アフターコロナに向けて今後対応すべきことについて紹介します。

[2020年 8月11日公開]

生産管理システム導入で失敗しないためのポイント<組立業編>

生産管理システムの導入で失敗しないためには、自社の業種・業態に合ったシステムを選ぶことが重要です。一言で製造業向け生産管理システムといっても、業種・業態によって管理のポイントは大きく異なり、自社の業態に合わないシステムを導入してしまうと、思ったような効果が得られません。

[2020年 6月18日公開]

原価管理とは? 目的や製造原価の分類、生産管理システム導入のメリット

原価管理は、企業の利益に直結する重要な業務です。しかし、今も多くの会社でエクセルの原価管理表などで管理しているのが現状です。原価管理を備えた生産管理システムを導入することで、利益を確保できる原価管理が可能になります。

[2020年 5月 7日公開]

工程管理とは? 目的や手法、生産管理システム導入のメリット

生産管理システムを導入することで、製造業にとって大切な納期・在庫・工程・原価の四つの管理ができるようになります。中でも工程の管理は、製造の現場で非常に重要なものです。

[2020年 4月 6日公開]

在庫管理とは? 生産管理システムによる改善

生産管理システムを導入することで、製造業にとって大切な納期・在庫・工程・原価の四つの管理ができるようになります。特に、原材料や半製品、仕掛品などが多く、製品の完成までに時間がかかる製造の現場では、納期管理と共に、在庫をどう管理するかが大きな課題です。

[2020年 2月18日公開]

納期管理とは? 生産管理システムによる改善

生産管理とは、モノづくりの現場で行われる生産・製造業務において、品質、原価、納期のQCDを最適化することをいいます。この生産管理に特化したシステムが生産管理システムです。生産管理システムを導入すると、エクセル管理では難しい納期・在庫・工程・原価の四つを統合的かつ総合的に管理ができるようになり、日々の管理業務がスムーズに改善できます。

[2019年12月13日公開]

生産管理システムとは

製造業の現場では、納期・在庫・工程・原価など、さまざまな困りごとが生じます。そうした困りごとを解決する一つの手段として「生産管理システム」があり、特に最近では、業務効率化、生産性向上、働き方改革の観点からも注目されています。企業のニーズに合わせた生産管理システムを導入することで、どのような課題をどのような方法で解決できるのか、導入の際のポイントも含めて解説します。

[2019年10月23日公開]

生産管理のお悩み解決サイト「生産管理ナビ」

生産管理ナビ トップページへ

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか? お取引実績120万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモ希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00210338