出版業界 トピックス

出版業界の最新情報から、気になる動向、最近の話題などをご紹介します。

出版業界の展望と課題

長らく市場縮小が続いていた出版業界ですが、2019年の出版市場規模は紙+電子で1兆5,432億円、前年比0.2%の増加に転じました。これは電子市場の大幅な拡大によるもので、紙の市場は縮小という厳しい状況が続いています。

ただし、紙媒体が消えることはなく、紙市場にも下げ止まりが来ると考えられています。
2020年春には、日本政府から全国の小学校・中学校・高校への臨時休校要請が出されたことにより、学習参考書やコミックなどの需要が拡大し、コミックやアニメなどのコンテンツの無料開放などもありました。文化と教養を支える出版業界が果たすべき役割は大きく、事業継続対策が差し迫った課題であるといえます。

  • * 出典:公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所「出版月報」2020年1月号

近年注目を集める「POD(プリントオンデマンド)出版」

POD出版は、ネット書店で注文を受けてから印刷し、読者の手元に届ける 「本の受注生産」 サービスで、あらかじめ大量に印刷して書店に並べる、という従前の書籍流通と比べ、出版社にとっては 「初期費用が安い」「在庫リスクがない」 などのメリットがあります。端末を持たない人も読める紙媒体と、ネット書店を通じて半永久的に販売できる電子書籍の「いいとこ取り」の仕組みで、今後の拡大が見込まれています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか?お取引実績100万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモンストレーション希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00191723