仕訳の入力ミスを未然に防ぎたい

解決のポイント
業務効率向上

日々の業務のなかで、こんなお悩みありませんか?

  • 担当者ごとに仕訳入力できる科目や部門を制限したい。
  • 前期で廃止となった科目や組織改編前の部門で仕訳の入力をさせたくない。
  • 間違いやすい科目は注意しているけれども、科目名が似ていると判断に迷うことがある……。

システム導入で解決!

「SMILE V 会計」で解決!

利用ユーザーやグループによって、入力できる科目や部門を制限することができます。また、マスターに有効期間を設定することで、前期で廃止となった科目や組織改編前の部門を入力するなどのミスも防止できます。そのほかにも間違いやすい組み合わせの仕訳パターンを入力した際に警告を出す機能など、さまざまな便利機能をご用意しています。

データセキュリティ・マスター有効期間管理

データセキュリティ機能を利用することで、利用ユーザーやグループによって、入力が可能な科目や部門などを制限できます。また、マスターに有効期間(開始日~終了日)を設定することで、前期で廃止となった科目や組織改編前の部門を入力するなどのミスを防止できます。

関連科目・禁止科目の設定

あらかじめ、よく発生する科目の組み合わせ(関連科目)や、入力不可とする科目の組み合わせ(禁止仕訳科目)を登録しておくことで、科目の検索をしやすくしたり、誤った入力を防いだりすることができます。

お困りごとを解決する、関連製品

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか?お取引実績100万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモンストレーション希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00169154