手間や時間がかかるISO文書管理を見直したい

解決のポイント
業務効率化

日々の業務のなかで、こんなお悩みありませんか?

  • 改訂のたびに一苦労!繁雑になりがちなISO文書管理を何とかしたい。
  • 承認印が押されてない、受領確認ができてない…。審査前は、不備や差替チェックでバタバタ。
  • ISO14001が改訂されるみたいだけど、この際、ISO文書管理のシステム化を検討したい。

システム導入で解決!

「eValue NS ドキュメント管理」が解決!

「eValue NS ドキュメント管理」はISO文書管理に対応した業務フローの構築をサポートします。ISO文書管理に必要な<承認><配布><受領>の業務フローの自動化を実現します。また、新版・旧版を識別して、版管理のトラブルを防止します。さらに、ドキュメントの発効日・失効日を指定することで、ドキュメントの公開や取り下げの自動化も実現します。

承認機能・受領機能

フォルダごとに承認機能の利用設定が可能で、最大10段階の承認ルートが設定できます。承認を必要とするフォルダにドキュメントが登録された場合、承認されるまでは公開されません。また、最終承認完了と同時に、あらかじめ設定された配布先に「通知メール」が送信され、受領依頼通知からドキュメントを開き、確認することで承認・配布・受領の一連の手続きが簡単に行えます。

版管理

旧版参照によるトラブルを防止するため、常に最新版が表示されますが、必要に応じて旧版の内容や更新情報を確認することもできます。また、フォルダごとに版管理機能の使用を必須とする設定が行えます。これにより、ISO文書管理に必須とされる、ファイルの更新履歴を確実に管理することが可能です。

お困りごとを解決する、関連製品

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか?お取引実績100万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモンストレーション希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00075086