第37回 「ブラック企業リスト」から見えた違反企業の傾向と、働き方改革への取り組み

今年に入り、多くの企業が長時間労働を是正して労働生産性を上げることを目的とした「働き方改革」に取り組みはじめている中、従業員の安全確保の不備や違法な長時間労働、賃金の未払いなど理不尽な業務体制を指摘される「ブラック企業」の存在がクローズアップされています。今回は、その実態に迫るとともに、企業の働き方改革への取り組みについてお伝えします。

「ブラック企業リスト」から見えた違反企業の傾向と、働き方改革への取り組み

「ブラック企業リスト」 中堅・中小企業が約7割を占める!

厚生労働省は、労働基準関係法令に違反し、1年以内に書類送検された国内企業のリストをホームページ上で公開しています。中には著名な大手企業も含まれており、「ブラック企業リスト」として関心が集まっています。では、リストに掲載された企業には、どのような傾向があるのでしょうか。

調査を実施した東京商工リサーチによれば、掲載された企業の中で、売上高が「1~5億円未満」が31.5%と最も多く、次いで「1億円未満」が23.7%、「5~10億円未満」が11.8%と、中堅・中小企業が全体の約7割を占めました。掲載企業の中ではすでに倒産・解散している企業もあり、業績悪化や資金力の乏しさが法令違反につながった可能性があると見られています。

また、業種別では建設業が34.6%と最も多く、次いで製造業が22.8%、サービス業が20.5%と続き、上位の3産業が全体の約8割を占めました。一方、金融・保険業は0.3%、不動産業は0.6%と極めて少数でした。

「働き方改革」重要なカギの一つに“ITの活用”があった!

そもそも「ブラック企業リスト」とは、安全管理や長時間労働、賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業の一覧になります。現在、最も多いのは安全管理面での違反ですが、違法な長時間労働など労働基準法における違反例も増えつつあります。このような厚生労働省による企業名公表を受けて、今後は多くの企業が従業員の「働き方改革」に着手するだろうと予想されています。

「働き方改革」の本質には、「時間・場所・個人やハンディキャップを問わず、それぞれの従業員が持てる能力を最大限に発揮できる環境を企業が提供する」ということがあります。基盤となる「労働環境の整備」はもちろん、「長時間労働・残業抑制」や「テレワーク」などを実現するためには、ITの活用が欠かせません。PC・タブレットなどの最新機器の導入や、回線・ネットワークなどのインフラ環境の整備、そして企業を守るために必須とも言えるセキュリティ対策。さまざまな観点で見直すには良い機会かもしれません。

次回は10月上旬の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

ITインフラ活用術

クラウドコンピューティングや仮想化技術の進化、急速に普及したタブレット端末などITインフラは日々進歩しています。最新のインフラ環境とアプリケーションとを組み合わせてシステムの導入効果を最大化できるのは、ワンストップソリューションの大塚商会だからこそです。外出先とオフィスとがつながり、事業が広がり、企業の安心・安全をサポートするITインフラの活用術をご紹介します。

この記事の著者

株式会社大塚商会 マーケティング本部

井川 雄二

1997年 大塚商会入社。主に複合機をお客様に提案する営業担当から始まり、現在はその経験を生かしてマーケティング本部として営業支援を行っている。ITにまつわる情報収集に長けており、全国各地のイベントでは年間数十回のセミナー講演を実施し、その情報を余すことなくお客様に伝えている。その講演内容がとてもわかりやすいと評判。

■ 「まちでん」とは
「街の電器屋さん」の略称。大塚商会は、地域に密着し、お客様の要望にきめ細かく対応する 「街の電器屋さん」になることを目指しています。その一環として、マーケティング本部ではIT情報紙「まちでん便り」を毎月発刊。営業・エンジニアがお客様へお届けしています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00135829