製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

クラウド型経費精算・ワークフローソフト

freee経費精算

面倒な経費精算から、稟議・承認・管理のワークフローまで、「freee」で全部解決。

クラウド会計ソフト法人シェアNo.1(2019年10月シミラーウェブ、ローカルフォリオ)の「freee会計」の機能のうち、経費精算・ワークフローを抜き出したサービス。従来の経費精算での負担を解消し、経費精算に関わる業務を効率化できます。申請者はスマホで写真を撮るだけ。「Quickスキャン」を使うことで複合機で読み取った領収書や請求書もダイレクトに連携可能。紙やExcelで経費精算をしている企業がペーパーレス化に踏み出すのに最適なソフトです。

特長

証憑はスマホで撮るだけ。スキマ時間で正しく申請

スマホで証憑(しょうひょう)を撮影し、フォームを入力すればスキマ時間で申請完了。承認状況をいつでも確認できます。OCRでのデータ読み取りや駅すぱあと連携、交通系ICカードの履歴読み込みにより、入力ミスや負担を減らします。

複合機で読み取った証憑もダイレクトに連携できます

「Quickスキャン」を使えばリコー製複合機で読み取った証憑をダイレクトに連携可能。複数枚の領収書や請求書を自動で分割して「freee」に保存。自動で取引内容(発生日・決済口座・勘定科目・金額)を補完します。

承認者は出先で承認が可能。申請の滞りがなくせます

他拠点や出先でも、オンラインで申請と証憑とを確認して承認可能。承認フローの滞りをなくします。承認・差し戻しがあると、メールまたは「Slack」で自動で申請者に通知しますので手間いらずです。

人事マスター更新やフォーム管理の負担を削減

人事管理マスター変更をワークフローへ自動反映し、管理コストを削減。会社独自のフォームも作成可能で、管理業務まわりのフォームを集約し、社員への案内の負担も軽減します。

電子帳簿保存法に完全対応!

「freee会計」は全てのプランで電子帳簿保存法に完全対応しています。あらゆる帳簿の紙の出力は一切不要。紙を受け取ったらすぐに撮影やスキャンすることで電子化できます。PDFの請求書や領収書も「freee」に取り込むだけで保存完了。銀行明細などの電子取引データも全て電子保存が可能です。

システム概要図

製品詳細情報

「freee経費精算」をお探しの方におすすめの情報

大塚商会について

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「freee経費精算」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00222878