第43回 最新の台湾IT事業 Part2 「台湾のシステム品質事情」

台湾の物づくりに対する考え方は日本人と、とても似ています。台湾のマーケットに興味がある方必読です。

最新の台湾IT事業 Part2 「台湾のシステム品質事情」

台湾のソフトウェア協会であるCISA(information service industry association of R.O.C.)を訪問してきました。昨年の7月(第38回参照)に続いて2回目の訪問となります。目的は、日本と品質で共通認識を持ち交流を深めることです。国際規格に準拠したPSQ品質認証制度の普及と相互承認への実績つくりが具体的なミッションでした。前回は概要しか説明できなかったので今回は実際に興味のある企業を集めてもらい案件として進めることができればと思い、説明会を開催しました。集まったのは15社20名と協会関係者が3名程度でCISAの会議室で行われました。台北市の中心より北に少し上がった、新しいオフィス街の承徳路二段にある大きなオフィスでした。邱月香理事長の挨拶がありました。邱理事長は女性ですが日本にも何度も来日して精力的に活動しています。

今年から世界的に活動するWITSA(world information technology and service alliance)の理事にも就任して世界デビューを果たした女傑で、祭総統とも友人であり台湾では女性の活躍が普通に行われています。この理事長のキャッチフレーズが「Soft Power is changing the World」です。大きな志で感心しております。

セミナーでは、台湾の皆様にソフトウェアの品質として国際規格があることを知っていますか? と問うたところ誰も知りませんでした。中国本土では、政府系のテスティングセンターがあって入札案件のシステム納品にあたってはこのセンターの検査合格を取らないとNGとなる話をしましたところ、この話は知っていました。いろいろなディスカッションをしてみると、台湾人の感覚は日本人と非常に近く、きちんとやるのが当たり前で製品に対する信頼感が強く、勤勉であることが分かりました。それが世界の精密機器の工場として活躍できている原点だと思いました。それに同じ島国であるため、外部の情報が入らないでガラパゴス化している傾向もありました。海外企業が持ち込んだ文化は上手に吸収して活用していますが、あえて国際規格を勉強して海外へ進出しようという企業は少なかったようです。それが今回のセミナーでは非常に積極的に質問があり2時間の予定でしたが質疑が終わらず3時間となり、終了後も2社ほど残って質疑を続けました。この反応に台湾の協会担当者も品質の大切さを理解いただいたようです。

IoT関連製品は日本より多く発表されています。それにも関わらず接続性やセキュリティ問題、責任範囲の明確化などの議論がされておらず、これを問題視していた品質担当者の皆様がセミナーを聞いてやっぱり取り組まないといけないと再認識していただけでも、今回のセミナーは成功だと思いました。

次回は3月30日(木)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

サービス業向けプロジェクト収支管理システム Project Director

案件の見込発生段階から受注、発注、仕入、売上、請求・入金、支払と一連の業務を一元管理し、進捗をリアルタイムに把握することができます。また、案件ごとの原価を捉え、適切な収支管理が行えます。

この記事の著者

日本ナレッジ株式会社 代表取締役社長

藤井 洋一

1957年生まれ。大学卒業後、金融機関を経て27歳で創業。業種に特化したパッケージソフトウェア開発を中心にビジネス展開し、2005年からソフトウェアの品質向上の手法として、第三者検証の有効性と必要性を説き事業化。
一般社団法人 IT検証産業協会 会長
一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会 理事兼PSQ品質基準委員会 委員長
著書:
「スポーツでの映像システム活用法」 日本文化出版
「IT検証技術者認定試験 知識試験テキスト」 BCN
日本ナレッジ株式会社

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00125871