第41回 XPのときの悪夢再び? あと2年に迫ったWindows 7サポート終了問題で起こること

2020年1月14日、Windows 7の延長サポート終了まで残り2年となりました。延長サポート終了後にWindows 7のPCを使うことは、マルウェアへの感染などセキュリティ上では大変危険な状態になるため、残り2年の間に最新OSであるWindows 10への移行を完了しなければなりません。今回は、この問題における国内事情、Windows 7を使い続けるリスクやWindows 10移行のメリットなどをお伝えします。

XPのときの悪夢再び? あと2年に迫ったWindows 7サポート終了問題で起こること

2020年1月14日、Windows 7の延長サポートがついに終了します。その時まで残り2年となりました。延長サポートの終了と共に、Windows Updateによるセキュリティ更新プログラムが配布されなくなるため、延長サポート終了後にWindows 7のPCを使うことは、マルウェアへの感染などセキュリティ上では大変危険な状態になります。そのため、残り2年の間に最新OSであるWindows 10への移行を完了しなければなりません。

今回は、この問題における国内事情、Windows 7を使い続けるリスクやWindows 10移行のメリットなどをお伝えします。

Windows 10への入れ替え計画、中堅中小企業での遅れが目立つ……

IDC Japanが2017年3月に発表した予測によれば、Windows 7の延長サポートが終了する1年前(2019年)におけるWindows 7搭載PCの残存率は34.6%に達すると推計しました。Windows XPの延長サポートが終了する1年前(2013年)の残存率29.3%であったことを考えると、非常に高いことが分かります。

また、2016年時点でWindows 10への入れ替えを計画している企業は約56%に留まり、このうち大企業では3社に2社(約67%)が入れ替えを計画しているものの、中堅中小企業では約45%と半数を切りました。Windows XPの延長サポート終了時のいわゆる“2014年問題”のときと同様、今回も中堅中小企業での遅れが予想されています。

参考
IDC Japan株式会社 プレスリリース
~ 2020年のWindows 7の延長サポート終了に警鐘を鳴らす ~
国内企業PCのWindows 10への切り替え計画分析結果を発表

サポートが終了したPCを使い続けることの大きなリスク

メインストリームサポートに加え、延長サポートも含めた全てのサポートが終了すると、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートに加え、セキュリティ更新プログラムや有償サポートなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含む、全てのサポートが受けられなくなります。

中でも特に重要なのは、セキュリティ更新プログラムの提供です。マイクロソフトは、製品の発売以降に発見されたプログラムの不具合や問題点などのいわゆる“脆弱性”を修正するためにセキュリティ更新プログラムを提供していますが、延長サポート終了後の提供はなくなります。ウイルスなどの悪質なプログラムはその“脆弱性”を利用するため、延長サポート終了までにWindows 10搭載のPCに入れ替えることが必要です。

Windows 10は、パフォーマンスや使いやすさの面で、Windows 7 から大きく進化しています。そして何よりもセキュリティが最新の脅威に対応し、複雑な設定や追加のソフトウェアのインストール無しでもPCを守ることができます。より快適に PC を活用するためにも、早めの移行をおすすめします。

次回は2月上旬の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

ERPを使いこなすための「IT環境」入門

ERP(基幹業務)システムを稼働させ、導入成果を確実に上げていくためには、サーバー機器やクライアント端末などの各種ハードウェアやネットワーク、そしてセキュリティ対策などのIT環境が必要になります。ここでは、ERPを利用するために不可欠なIT環境、ERPをさらに活用するためのIT環境という二つの方向から、ERPの安定稼働に求められるIT環境を考えていきます。

この記事の著者

株式会社大塚商会 マーケティング本部

井川 雄二

1997年 大塚商会入社。主に複合機をお客様に提案する営業担当から始まり、現在はその経験を生かしてマーケティング本部として営業支援を行っている。ITにまつわる情報収集に長けており、全国各地のイベントでは年間数十回のセミナー講演を実施し、その情報を余すことなくお客様に伝えている。その講演内容がとてもわかりやすいと評判。

■ 「まちでん」とは
「街の電器屋さん」の略称。大塚商会は、地域に密着し、お客様の要望にきめ細かく対応する 「街の電器屋さん」になることを目指しています。その一環として、マーケティング本部ではIT情報紙「まちでん便り」を毎月発刊。営業・エンジニアがお客様へお届けしています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00140827