第50回 「焦らないように」とは言わない

運送会社に勤務時代、ドライバー希望で面接を受けられる人の履歴書を多く見てきました。

面接担当者として、このふたつのフレーズが記載されていたら、採用選考において“ドラフト1位候補”と位置付けていた頃も。

ひとつ目は「志望動機は車が好き」

ふたつ目は「趣味はドライブ」

その場合、プロとアマとの違いを感じていただくために、よくこんな質問をしました。

「いくら車が好きでも、毎日同じ道を走ることに耐えられますか?」

「いくらドライブが趣味でも、大雨や大雪の日にドライブに行きますか?」

ほとんどの人が閉口されたように記憶しています。

個人でドライブを楽しむ際には、“目的地への1分単位の到着時間指定”は存在しないでしょう。

天候などの状況によっては、目的地の変更や出発を見合わせることも有るでしょう。

しかし、プロは違います。

なぜならばプロのドライバーは、趣味やドライブでマイカーを運転しているのではなく、荷主様と配送先様との間で交わされた、「納期や納品方法」に関する約束を代行するために、トラックを運転するのが仕事。

納期の約束を守れなくなるための三大外的要因は「交通渋滞・悪天候・出発時間の遅れ」。

ドライバーはいつもその三大外的要因と対峙しているようなもの。

だから職業柄、約束を守れそうにない時に焦ることは否めないのです。

なので「焦らないように」とは言いません。

焦ることが前提で、安全対策や安全指導を講じるべきだと考えています。

例えば、空調が整った快適な研修会場で「前方の交差点において黄色信号」の写真をご覧いただき、運転中の対処方法を尋ねると、ほとんどの人から「停まります」「減速します」との、優等生的なご意見が返ってきます。

それは室内の研修会場というベストコンディションを保てる状況下だから、冷静に判断して正しく答えることができるのかもしれません。

それでは道の上ではいかがでしょうか?

「約束の時間に遅れそうな時にも、今と同じ判断ができますか?」

「例えば、客先や道の上で腹が立つことが有った直後でも?」

「疲れているから早く到着したい時にも、同じ行動ができますか?」

信号待ちの車間距離も「焦り・イライラ・疲れ」のバロメーター。

感情や体調が低下すると、「日ごろよりも信号待ちの車間距離が短くなる」という、危険行動が表われます。

あらゆる状況を受け入れつつ、一定の成果を出すのがプロの仕事。

だから焦っている時にも、同じ結果を求められるのがプロの宿命。

もちろん「焦らない」ことを指導することも重要ですが、「焦った時にどうするか?」を想定して、安全教育を行うことをお勧めしています。

ありがとうございました。

次回は6月26日(金)を予定しております。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00088057