第21回 「○○○をするな」より「○○○をしよう」

全国の運送会社の管理者からメールで寄せられる個別のご相談に応じています。

安全や品質への取り組みに関する内容や、社内外の人間関係に関するお悩みなど。

項目は違えども上位を占める共通のキーワードはこの三つ。

・伝わらない
・伝えられない
・何を伝えたら良いのかわからない

たしかに「誰かに何かを正しく伝えることは難しい」と思います。

だからこそ、この種のお悩みは良いお悩みと受け止めています。

なぜならば、ご相談をされる方々は「もっと正しく伝えようと工夫している人」ばかり。

伝えようとする(困難なことにも立ち向かう)姿勢が、個々の成長の証しや組織上での責任感の表れだと捉えています。

さらには「わからない」や「なんとかしたい」とのご自身の意思を、社外者の私に伝えることができる勇気も素晴らしい。

その行動は良化や解決に向けて本気になっている証拠です。

本気のご相談には「伝え方を変える」ことをお勧めしています。

たったこれだけ変えるだけ。

「○○○をするな」ではなく「○○○をしよう」に変えてみるだけ。

一例として・・・。

「交通事故を起こすな」ではなく「安全運転をしましょう」

「荷台から飛び降りるな」ではなく「荷台に登った逆の手順で後ろ足から降りましょう」

フォークリフトは「右側からの乗降禁止」ではなく「左側から乗りましょう」

「ポロシャツの裾をズボンから出すな」ではなく「ポロシャツの裾はズボンに入れましょう」

今、このコラムを社内でご覧になっている皆様。

事業所内の掲示物をご覧ください。

社内での会話や指示内容に耳を傾けてください。

指示や伝達事項に「○○○をするな」や「○○○禁止」等の“禁止”用語が使われていませんか?」

言い換えると「○○○をするな」と言うだけなら簡単なこと。

簡単な言い回しだから相手に熱意が伝わらないのかもしれません。

正しい手順を伝えず「○○○をするな」ばかりでは、相手は言われたことしかやらなくなり、いつしか主体的に動く意欲が失せてしまいます。

「○○○をしよう」と正しい手順を伝えましょう。

「○○○をするな」とだけ発して、ミスをしてから指摘するばかりではなく。

「○○○をしよう」と、できるまで教えるのが指導者であり職場のリーダー。

できなかったミスを叱るより、できるようになるための手順を教える。

これは事故処理と事故防止の違いにも似ています。

手順を教えるにはマニュアルで教えるのではなく、「やって見せる」ことをお勧めしています。

この方法を言葉に記すと「率先垂範」

そう記すと重く感じるかもしれませんが、伝える方法として「やって見せる」ことに勝るものはございません。

一例として・・・。

皆様は子どもの頃に鉄棒の逆上がりのやり方を、どの方法で教わりましたか?

皆様が子どもに自転車の乗り方を教えるならば、どのようにして教えますか?

一番簡単な伝え方は「やって見せる」ことです。

管理者がマニュアルを作成するだけではなく、管理者自らが「動くマニュアル」になるのです。

だから挨拶や身だしなみなどを含めて、上司ができていないことは部下に伝わりにくい。

ちなみにトラックしか運転したことがない私たちプロデキューブは、バス会社やタクシー会社からの安全研修に関するご依頼は基本的にお断りしています。

私たちの伝える力が達人レベルなら伝わるかもしれませんが・・・。

「社内で管理できる管理者を育成する」以上に、「社内で指導できる指導者を育成する」ことが、各運送会社で開催している管理者勉強会の共通テーマ。

社内講師を育成することが私たちの考えるゴールです。

最後に皆様へ質問です。

「現在のあなたはどちらのタイプですか?」

「○○○をするな」は管理者タイプ。

「○○○をしよう」は指導者タイプ。

「あなたはどちらのタイプになりたいですか?」

ありがとうございました。

次回は4月4日(金)更新の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079911