第56回 正しい人が正しいと言われるために

国(=法律)やお客様(=ニーズ)が決められたことと、自社で決めた手順(=ルール)を守ること。

手順を正しく守っている人が、正しい人と言われるために。

ドライバーを交通事故から守るための、安全ルールを決めて守りましょう。

決めた安全ルールを守らないドライバーには、見逃さずに注意しましょう。

決めた安全ルールを車内で守っているドライバーが、社内で正しいと言われるために。

守りたいルールを作るのではなく、守れるようになるためのルールを作ることです。

運送業界では“悲願”であった運転免許制度の改正に向けて、高卒者を含む若年層ドライバーへの対応が、今以上に求められることでしょう。

「既存社員の常識は新入社員の非常識」とも捉えて、誰にでも分かる社内ルール作りと誰もが実践することを、急がなければなりません。

そのためにも、今のうちに管理者としての“伝える力”を高めましょう。

“伝える力”を高めるためには「一斉に伝える」以上に「個別に確認」を重視すること。

そうすることでドライバーとの会話も「指示」より「質問」が多くなり、ドライバーが考えて答える習慣が身に付きます。

ドライバーの個々の考えに関心を持ちましょう。

「愛情の反対とは無関心」とも言われています。

ドライバーへの愛情表現として、管理者が口うるさく確認しましょう。

そして、管理者以上の指導者を目指しましょう。

指導者とは字のごとく、「進むべき方向を指して導く人(=リーダー)」です。

ひとりの管理者が大きな声で注意するよりも、全員の管理者が小さな声でも必ず注意しましょう。

たとえ小さな声ででも注意をしない管理者がいれば、その管理者は社内ルールの風土化に弊害を及ぼす悪い管理者です。

だから、時に親身になって。

年上のドライバーには、わが親を思うごとく。

年下のドライバーには、わが子を思うごとく。

だから、時に勇気を出して。

管理者が社内で指導や改善を進めると、必ずと言っていいほど壁(=課題)にぶつかります。

課題にぶつかると、多くの管理者は「なぜ伝わらないのか?」と悩まれます。

「伝わらない」とのお悩みは新しいことに挑戦している証であり、その悩みとは“良い悩み”なのです。

その悩みの期間を少しでも短くするために、私たちは全力でサポートします。

正しくないことを注意している管理者が、正しい管理者と言われるために。

ありがとうございました。

次回は9月18日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00097416