第55回 NOも言える添乗指導員

所属する運送会社において、事故やクレーム等の失敗事例から生まれた社内ルールの履行状況を、車内で確認できるのが添乗指導のメリット。

一般的に、車格・車種・荷姿・運行形態が同じであれば、過去に発生した事故を誰かが繰り返してしまうことが多い。

だから過去の苦い経験を貴重な経験に変えるために、社内ルールが生まれます。

その社内ルールを守ることで、同じような事故を防止することができるのです。

道路交通法を守っているかは警察も確認してくれますが、社内で決めたルールについては社内の人しか指導してくれません。

私たち添乗指導員の仕事は「現状を見て、現場で改善すること」ですが、添乗指導員の最大の使命とは「ドライバーが改善しない場合には、管理者に処遇の改善を進言すること」です。

もちろん事故を起こす可能性が高いと思われるドライバーは指導対象です。

しかし、危険の理解や安全への努力が見られず、重大事故を起こしそうなドライバーだと判断した場合には、違った形での再教育を提言します。

これは、自身が安全を軽視する行動は、周囲にも迷惑を掛けることを重視してのこと。

大きな事故になる前に。

大きなロスになる前に。

誰もが交通事故を起こしたくないと思っていますが、誰しもがヒューマンエラーにつながる体調(生理的)と感情(心理的)の要因があります。

安全とは自分を知ることから始まります。

ひとりで仕事をする時間が長いドライバーだからこそ、自分の変化に気づき自ら修正できる能力が求められます。

車内で発生するヒューマンエラーは交通事故の原因になり、第三者をも巻き込むような多大なリスクが伴います。

よって、ドライバーという職業は一見誰にでもできそうな仕事かもしれませんが、誰しもがやって良い仕事ではないということです。

ですから添乗指導時には「走れるようにする」だけでなく、「事故をする前に止める」ことも求められます。

止めることとは、「事故を起こさないドライバーとしての適性に欠ける=ドライバー失格」との決断をくだすこと。

これは多大な勇気を要する決断ですが、私たちは個々の適性を見極めたうえで自信を持って進言します。

たとえドライバー不足に悩む運送会社であっても「絶対に交通事故を起こすドライバー」なら、絶対に雇用したくないはずですから。

安全運転と同様に、安全管理も「走り方より止まり方」が大切。

そのために、私たちは“NOも言える添乗指導員”を目指しています。

ありがとうございました。

次回は9月4日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00094720